« AW16/17ドレスドアンドレスド 「意識と無意識」テーマに | トップページ | AW16/17ジョウタロウ・サイトウ 伝統も「その向こうへ」 »

2016年3月27日 (日)

AW16/17アン ソフィー マドセン プレスリーの片割れに着想

 「DHL Exported」受賞デザイナーのアン ソフィー マドセン(Anne Sofie Madsen)が、MBFWTで2016/17年秋冬コレクションを初披露しました。
1_5
 アン ソフィー マドセンはデンマーク出身で、2011年から自身のブランドをスタートさせ、2014年からパリコレでもショーを行っている若手の実力派です。

 今シーズンはエルヴィス・プレスリーの片割れに着想したといいます。エルヴィスは双子で、誕生時に亡くなった兄を生涯思い続けていたというエピソードがあります。そこでこれを念頭にデザイン制作したのだそう。
 ランウェイでは片半分が異なるもの同士の組み合わせや、二種類のアイテムを結合させた複雑なカットなど、片割れはどこ?を意識させるデザインがたくさん登場しました。左右非対称なラッフルやドレープ、作りかけのようなパネル、ひらめくリボンやテープ、太いロープ、素材はシフォンからレオパードやデニム使いまで、北欧的な独創性あふれるコレクションでした。
Img_47651jpg Img_47681  



Img_47741
 来季も来日してショーをされると伺いました。楽しみですね。

|

« AW16/17ドレスドアンドレスド 「意識と無意識」テーマに | トップページ | AW16/17ジョウタロウ・サイトウ 伝統も「その向こうへ」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63377342

この記事へのトラックバック一覧です: AW16/17アン ソフィー マドセン プレスリーの片割れに着想:

« AW16/17ドレスドアンドレスド 「意識と無意識」テーマに | トップページ | AW16/17ジョウタロウ・サイトウ 伝統も「その向こうへ」 »