« AW16/17ハナエモリマニュスクリ「無機物と有機物の融合」 | トップページ | AW16/17ドレスドアンドレスド 「意識と無意識」テーマに »

2016年3月25日 (金)

のAW16/17まとふ 「おぼろ」テーマに儚く移り行く美を表現

 「まとふ(matohu)」の2016/17秋冬ランウェイショーが、先日ラフォーレ六本木で開催されました。
 ブランドを手がけるデザイナーの堀畑裕之と関口真希子は、今シーズンも日本の伝統美を現代に昇華させる「日本の眼」シリーズで、ファッションに新風を吹き込んでいます。

Img_46971  テーマは「おぼろ」で、儚く移り行くものの美を表現したといいます。

 会場には靄がかかり、霧のようなグレーやブルーを基調にしたウェアがたくさん登場しました。グラデーションの表現も多く、墨染めによる水墨画のような表現や、月夜の雲の流れを連想させるボーダーなど、時折見られた明るいイエローやオレンジも印象に残ります。
Img_47031 Img_47181
Img_47201jpg
 明るいはっきりとしたものよりは、うっすらかすんで遠くつかめないものを愛する日本人の心の琴線に触れるコレクションでした。

|

« AW16/17ハナエモリマニュスクリ「無機物と有機物の融合」 | トップページ | AW16/17ドレスドアンドレスド 「意識と無意識」テーマに »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63375196

この記事へのトラックバック一覧です: のAW16/17まとふ 「おぼろ」テーマに儚く移り行く美を表現:

« AW16/17ハナエモリマニュスクリ「無機物と有機物の融合」 | トップページ | AW16/17ドレスドアンドレスド 「意識と無意識」テーマに »