« ミラノウニカ結果速報 出展社数と来場社数ともに上向く | トップページ | パリのボンマルシェでアイ・ウェイ・ウェイ展 »

2016年2月17日 (水)

キュー・ガーデンはランの花の香りあふれるユートピア

 ロンドンに来て、以前から行きたいと思っていたキュー・ガーデンを訪れました。
Img_3350_1jpg  ここは正式にはキュー王立植物園です。2003年にユネスコ世界遺産に登録されました。

 ロンドン市内から地下鉄で30分、駅から徒歩5分という意外にも便利な場所です。

 実はヨーロッパに来る直前、東京・汐留のパナソニック 汐留ミュージアムで世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々」展(このブログ2016.1.8参照)を見て、本物のイングリッシュ・ガーデンを見たくなったのです。

Img_3288kew_gardens_1_2  広大な園内でひときわ目立つのがパーム・ハウスです。
  大きな船を逆さにしたような形をしています。

Img_3294
   扉を開けると空気が急にムワッとしてきて、蒸し暑い。熱帯と同じような環境を保っているのですね。

 ヤシの木や珍しい熱帯植物の宝庫でした。

 このガーデンでこの時期一番の見ものが、プリンセス・オブ・ウエールズ・コンサーバトリーで開催されていたラン・フェスティバルです。 
Img_3309_1jpg   ここはもう様々なランの花々が咲き乱れる、まさにユートピア! 花の香りあふれる夢のように美しい温室でした。

 とくにすばらしい空間と思ったのが、ハンギング・オーキッドがあったところです。たくさんのランの花が空中からぶら下がり、その根のたくましさにも驚かされます。ランの生命力の強さを感じました。
Img_3317_1
 他にもミュージアムや日本庭園など、見どころ満載です。
 別の季節はもっといいかも、と思いながら、すてきなひとときを過ごしました。

|

« ミラノウニカ結果速報 出展社数と来場社数ともに上向く | トップページ | パリのボンマルシェでアイ・ウェイ・ウェイ展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キュー・ガーデンはランの花の香りあふれるユートピア:

« ミラノウニカ結果速報 出展社数と来場社数ともに上向く | トップページ | パリのボンマルシェでアイ・ウェイ・ウェイ展 »