« 2017春夏ミラノウニカ 4つのストーリーで装飾性を訴求 | トップページ | ミラノウニカ「ジャパン・オブザーバトリー」盛会理に閉幕 »

2016年2月14日 (日)

バレンタインデー 赤いハートは誰のもの

 今日はバレンタインデーです。
Img_2476_1jpg ショッピングストリートには、赤いハートのついたプレゼント商品がいっぱい。
 ミラノの目抜き通り(写真はスピガ通り)では、今年も赤いハート型の風船が空中を舞っていました。

Img_3244_1jpg  ブティックも、赤いハートをウインドーに大きく打ち出していました。写真左はTWINSETです。

 花束にもハートの飾りがついています。赤いバラの花が目立ちます。

 でもこれらは男性から女性に贈るもの、というのが、こちらでは普通なのです。女性が男性にプレゼントする日本って、本当に変です。欧米の習慣を採り入れたはずなのに、そこのところは真逆です。フランス人に聞いたら、女性から男性にプレゼントするなんてありえないでした。

Img_3388_1_2  ロンドンのリバティ百貨店のカード売場では、バレンタインカードを購入しようという男性客であふれていました。
 赤いハートは、誰のものになるのでしょう。

 男女のあり方が、欧米と日本とでは根本的に違うことがよくわかるバレンタインデー風景です 。

|

« 2017春夏ミラノウニカ 4つのストーリーで装飾性を訴求 | トップページ | ミラノウニカ「ジャパン・オブザーバトリー」盛会理に閉幕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63209938

この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインデー 赤いハートは誰のもの:

« 2017春夏ミラノウニカ 4つのストーリーで装飾性を訴求 | トップページ | ミラノウニカ「ジャパン・オブザーバトリー」盛会理に閉幕 »