« パリのボンマルシェでアイ・ウェイ・ウェイ展 | トップページ | パリのガリエラ・モード美術館で「見出されたモード」展 »

2016年2月19日 (金)

アートに生きる―ジャック・ドゥーセとイブ・サンローラン

 パリでは様々な展覧会が開催されていました。その中でとくに印象的だったのが、ピエール・べルジェ=イブ・サンローラン財団で開催されていた「アートに生きる―ジャック・ドゥーセとイブ・サンローラン」展です。最終日の間際だったせいか、人が多くて、寒い雨の中、長時間行列してやっと入場しました。
 ジャック・ドゥーセは、ベルエポック期のクチュリエで、イブ・サンローランは言わずと知れた20世紀の巨匠です。二人ともアーティストであると同時に、美術の大コレクターだったのですね。
Acbb405ebf075bbe4eef3032e15e3008  本展では、ゴヤからピカソ、ブラック、ドゥアニエ・ルソー、モジリアーニらの絵画やオブジェ、家具などの名品が目白押し。マンレーによるドゥーセの肖像写真や、アンディ・ウォーホルによるイブ・サンローランの顔をテーマにした作品もあり、すばらしかったです。

 ちらしはモンドリアンのデザインで、イブ・サンローランの有名なモンドリアンドレスはこれが原点。イブ・サンローランのコレクションの秘密を見た思いがしました。

|

« パリのボンマルシェでアイ・ウェイ・ウェイ展 | トップページ | パリのガリエラ・モード美術館で「見出されたモード」展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63247356

この記事へのトラックバック一覧です: アートに生きる―ジャック・ドゥーセとイブ・サンローラン:

« パリのボンマルシェでアイ・ウェイ・ウェイ展 | トップページ | パリのガリエラ・モード美術館で「見出されたモード」展 »