« 「祝いのよそほい」展 江戸の晴れ姿にみる美意識 | トップページ | 村上隆のスーパーフラット・コレクション                   ―蕭白、魯山人からキーファーまで― »

2016年2月 2日 (火)

KEIKO KUROISHI スカーフとテキスタイル展

 「タナバタTANABATA」スカーフ(このブログ2015.1.18付け参照)を手がけるデザイナー黒石恵子さんの「スカーフとテキスタイル展」が、先月末、東京・銀座松屋のマロニエ館で開催され、行ってきました。
 広い会場にはタナバタカットがあふれていました。
Img_22191jpg
Img_22211  新作は、「レ・ビュル・エ・レ・ヴァーグ(泡と波)」のシルクスカーフです。プチサイズのものもあり人気とか。
 また星柄にカットしたランプシェードも新しく提案されていました。銀河を思わせるオルゴールを流して、天空から星を鑑賞しているような雰囲気を演出していたのが印象的です。

Img_22231  ワークショップでは、スカーフの巻き方を伝授していただきました。リングやゴムなどを使用すると、複雑そうにみえても簡単に巻けて、変化をつけられます。立体感を出せるのも、このスカーフの魅力と思いました。
 私もコットンローンの繭柄のタナバタスカーフを購入してしまいました。春に向けて気分が高まります。

|

« 「祝いのよそほい」展 江戸の晴れ姿にみる美意識 | トップページ | 村上隆のスーパーフラット・コレクション                   ―蕭白、魯山人からキーファーまで― »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63147612

この記事へのトラックバック一覧です: KEIKO KUROISHI スカーフとテキスタイル展:

« 「祝いのよそほい」展 江戸の晴れ姿にみる美意識 | トップページ | 村上隆のスーパーフラット・コレクション                   ―蕭白、魯山人からキーファーまで― »