« 小雪舞う小樽を訪ねて | トップページ | 「村上 隆の五百羅漢図展」 可笑しみ深い超巨大絵画  »

2016年1月 5日 (火)

登別温泉へ立ち寄って

 旅の最後に登別温泉へ立ち寄りました。インター出口に赤鬼のような閻魔大王の像が立っています。ここは閻魔様がシンボル的存在になっている温泉町でした。ちなみに閻魔は地蔵菩薩の化身なのですね。
Imgp66691  その人気スポットとなっている地獄谷は、爆裂火口の跡だそう。辺り一帯は、硫黄の臭いが立ちこめています。噴気孔からは白煙が上がり、お湯がふつふつと湧き出ていて、その一番奥にある鉄井池の湯音は80度だそう。まさに大地は生きている、ですね。
Imgp67151  
 地獄めぐり気分を味わった後、まだ時間があるというので、ロープウェイでクマ山へ登りました。
Imgp67441  クマ牧場やヒグマ博物館、ユーカラの里(アイヌコタンで冬季閉鎖中で少し残念)、倶多楽湖展望台など、いろいろな施設があり、子ども連れでゆっくり遊びに来たいと思う場所でした。
 クマ牧場ではお腹を向けて寝そべっているクマもいて、可愛かったです。クマに餌を上げるとすかさずカラスが獲っていくのも目撃しました。

Imgp67771  倶多楽湖は透明度の高さで有名なカルデラ湖で、山の右側は何と海です。湖と海の両方を眺望する、何とも神秘的な風景を楽しみました。

 北海道で今まで訪れたことのない観光地を訪れて、北と南では天候や風土などずいぶん違う、本当に広い、ということを改めて感じました。次はもっと東の方に行ってみたいです。

|

« 小雪舞う小樽を訪ねて | トップページ | 「村上 隆の五百羅漢図展」 可笑しみ深い超巨大絵画  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登別温泉へ立ち寄って:

« 小雪舞う小樽を訪ねて | トップページ | 「村上 隆の五百羅漢図展」 可笑しみ深い超巨大絵画  »