« M&Oパリ 9月展 小松精練インテリア市場に初参入 | トップページ | M&Oパリ9月展 「タナバタ」スカーフの軽やかな透け感 »

2016年1月18日 (月)

M&Oパリ 9月展 天然木スライスシート製品に注目

 「メゾン・エ・オブジェ(M&O)」パリ9月展で、以前取材したことのある天然木製のバッグのブランド「monacca」を、クルツ(Qurz Inc.)のブースで見つけました。
Img_28621_2  これは高知県馬路村の杉の間伐材を利用したもので、木材を薄くスライスし、何層にも重ね合わせて、防水用エコウレタン塗装を施した、軽くて丈夫なバッグです。
 このバッグを開発したプロダクトデザイナーの島村卓実さんにブースでお会いし、インタビューしました。木なので傷がつきやすいのでは、と伺いましたら、樹脂含浸されて、引っ掻き傷に強いといいます。
Img_28611  
 またご自身がデザインした「WOODUM」ブランドのテーブルマットを紹介されました。
 水をこぼしても浸み込まず、抗菌性にも優れているため、テーブルマットとして最適とか。
Img_28641_2   
Img_28671  木の葉型のマットからは、木の香りが漂ってくるようでした。そこにはどこか懐かしい、新しい木のカタチがありました。

 材料はウォールナットで、0.2mmの薄さにスライスしたシートを特殊加工したものといいます。折り曲げたり縫製したりもできるので、クッションなどやわらかい用途(何と衣服用)にも使えて、世界の注目の的になっていることを、後で知りました。
 日本の技術のすばらしさを改めて思います。

|

« M&Oパリ 9月展 小松精練インテリア市場に初参入 | トップページ | M&Oパリ9月展 「タナバタ」スカーフの軽やかな透け感 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63072073

この記事へのトラックバック一覧です: M&Oパリ 9月展 天然木スライスシート製品に注目:

« M&Oパリ 9月展 小松精練インテリア市場に初参入 | トップページ | M&Oパリ9月展 「タナバタ」スカーフの軽やかな透け感 »