« M&Oパリ 9月展 「フローティング・フラワー・ガーデン」 | トップページ | M&Oパリ 9月展 天然木スライスシート製品に注目 »

2016年1月17日 (日)

M&Oパリ 9月展 小松精練インテリア市場に初参入

 世界に冠たる先端テキスタイルメーカー、小松精練が「メゾン・エ・オブジェ(M&O)」パリ 9月展に初出展し、インテリア市場への参入を印象づけていました。

Img_28421  ホール8のブースでは、「エコ」「ナチュラル」「リアル」をテーマに、同社のデジタルプリント生地による「森林」の風景画をモチーフにしたカーテンや、切り株をイメージした椅子、地面に植物を敷きつめたと錯覚するようなラグ、ヒノキや白樺、苔をモチーフにしたランプシェード、また玉ねぎの色素で染めた超硬質素材のトートバッグなどを提案。
Img_28471  
 椅子は本物の切り株にそっくり! 
 樹皮も年輪もプリントなのに、木の香りが今にも漂ってくるようでした。

 今後の新規市場開拓が注目されます。

|

« M&Oパリ 9月展 「フローティング・フラワー・ガーデン」 | トップページ | M&Oパリ 9月展 天然木スライスシート製品に注目 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63055774

この記事へのトラックバック一覧です: M&Oパリ 9月展 小松精練インテリア市場に初参入:

« M&Oパリ 9月展 「フローティング・フラワー・ガーデン」 | トップページ | M&Oパリ 9月展 天然木スライスシート製品に注目 »