« ジャパン・ベストニット ・セレクション2015 ニット技術・企画力 | トップページ | 「フラワーズ バイ ネイキッド」 五感で楽しむ体験型庭園 »

2016年1月11日 (月)

ジャパン・ベストニット ・セレクション2015 個性的な編地

  先般の「ジャパン・ベストニット・セレクション(JBKS)2015」では、ニット生地や副資材のメーカーが12社、出展していました。このグループでは、個性豊かな編地を揃えたメーカーが目につきました。

 とくに斬新と思ったのが、大阪の東亜ニットが発表した3Dジャカードニットです。透けるガーゼ編みを組み合わせて、繊細な柄をつくり出しています。柄はジオメトリカルなモダンな感覚で、美しい仕上がりの繊細なボーダーにも魅せられます。
 両面選針機を活用した、新丸編み技術によるものといいます。
Img_69501 Img_69451
コラボフリル ウール/キュプラ    BCラベル 綿/ウール

Img_69181  また和歌山のカネマサ莫大小では、裏毛を中心に提案。その最新作は、ポリウレタンに起毛の綿糸を巻き、針抜きした裏毛パイルだそう。ふっくらした風合が特徴です。
 布帛感覚のスーツ地やシャツ地にもなるしっかりした編地のものから、ネップ入りのツィーディなもの、8Gというセーターのような粗ゲージの裏毛まで様々。
Img_69261 Img_69211
フワフワざっくりトップ裏毛      ウール45/綿36/その他19
 綿99/ポリウレタン1

Img_69321  さらに副資材では、太谷の福井営業所が、ポロシャツの襟や、ブルゾンの襟やカフスに用いるリブニットをズラリと展示。こうした部位のみの提案に、少しびっくりしましたけれど、実は数年前から本展に出展しているとか。服づくりには欠かせない、ニットの重要なアイテムですね。

|

« ジャパン・ベストニット ・セレクション2015 ニット技術・企画力 | トップページ | 「フラワーズ バイ ネイキッド」 五感で楽しむ体験型庭園 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63028614

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパン・ベストニット ・セレクション2015 個性的な編地:

« ジャパン・ベストニット ・セレクション2015 ニット技術・企画力 | トップページ | 「フラワーズ バイ ネイキッド」 五感で楽しむ体験型庭園 »