« 16/17秋冬京都スコープ展 華やいだ彩りに満ちて | トップページ | 「霜葉は二月の花よりも紅なり」 »

2015年12月 6日 (日)

2016/17秋冬イタリアヤーン展 トレンドセミナー

 先般、東京・渋谷で開催された2016/2017秋冬イタリアヤーン展示商談会で、ミラノのエレンメンティ・モーダのクリエイティブ・ディレクター、オルネッラ・ビニャーミさんによるトレンドセミナーが行われました。
Img_62371  ビニャーミさんは、もう何度も来日されているおなじみの方です。

 セミナーでは、世界最大のヤーン展、ピッティ・フィラティ Pitti Filatiにおける人気商品をテーマ別に紹介。これはニットのシーズントレンドを探る上で大きなヒントになったと思います。

 そのポイントを次に記します。

① ルーラルRural  (田園風)
アラン編みのセーターやミックス調のツイードヤーン、リブ編みのバリエーション、フリンジ入りニットなど。手編み感覚なものが中心で、ピッティ・フィラティの来シーズンのテーマは「Make it」という。

② トレジャー Treasure (宝物)
 異国文化を感じさせるテーマで、トルコやモンゴル、インドなどの民族の伝統工芸、クラフトマンシップを感じさせるニット。デザインジャカードやカーペット風など。

③ リリカル Lirical (抒情的)
上品で繊細なイメージ。軽さとフラジャイルなあやうさが最も重要なポイント。超極細ウールやカシミア/シルク、モヘア。透けるレースからファータッチまで。パウダーパフのようなコスメのカラー。

④ ビスポーク Bespoke  (特注されたもの)
 洗練されたマニッシュ調。現代建築にインスパイアされたメタル加工や透ける加工、ヘリンボン柄や千鳥格子、チェックやストライプも復活。グレーのグラデーション。ボンディングでスポーツ感覚の表現も。

⑤ フリースタイル Free Style
 ポップなヤング向けテーマ。ジャカードやインターシャ、ジグザグストライプ、ジオメトリック。大切なのはカラーで、カラーブロックやマルチカラー使い、黒との組み合わせにも注目。

|

« 16/17秋冬京都スコープ展 華やいだ彩りに満ちて | トップページ | 「霜葉は二月の花よりも紅なり」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62825192

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/17秋冬イタリアヤーン展 トレンドセミナー:

« 16/17秋冬京都スコープ展 華やいだ彩りに満ちて | トップページ | 「霜葉は二月の花よりも紅なり」 »