« ベストドレッサー賞の又吉直樹氏は大の古着好き | トップページ | グンゼの「キレイラボ」“完全無縫製インナー”がホット! »

2015年12月 2日 (水)

国際福祉機器展〜いつまでも元気に働く「10のコツ!」展

 この秋開催された国際福祉機器展で、興味深い企画展がありました。
Img_52881jpg_2  それは“いつまでも元気に働く「10のコツ!」展”です。
 超高齢社会を迎え、働く高齢者が増えています。でもいつまでも元気に働くにはどのような秘訣や道具があるのでしょう。好奇心もあって見に行ってきました。

 出品されていたのは、出展社の製品の中から、60歳以上現役で働いている方のアンケート調査をもとに選んだ“グッズ”です。健康、身だしなみ、仕事の3つのシーンに分けて展示されていました。選定基準は、①表示が見やすい、②聞き取りやすい音、③使い方がわかりやすい、④弱い力で扱える、⑤楽な姿勢で使える、⑥体に合うサイズがあることだそう。まさにユニバーサルデザインの原則に適っていると思いました。

Img_53081  左は身だしなみ編です。着やすい服やソックス、スカーフ、靴、バッグ、クシやヘアブラシ、デンタルリンスなどが揃っています。
 健康編では、涼しいポロシャツや靴、タオルなどからコップ、ビールクーラーなどまで出ています。

Img_53061_2  右は仕事編です。軽くて丈夫なナップサックやリュックサック、その中に入れる軽い傘や着替えのシャツ、ライト、ルーペ、絆創膏、ペンやノートに印鑑などの文房具、履きやすい靴、万歩計などが提案されていました。

 さらにここでいう「10のコツ」とは、次のようです。
<健康>
① 毎日歩く。一日1万歩、自分のペースでウォーキングする。
② バランスのよい食事をする。
③ 早寝早起きをする。
<身だしなみ>
④ 身だしなみに気をつける。
⑤ 自分から元気に挨拶する。
⑥ いつでも笑顔でいる。
⑦ 人の話をよく聞く。
<仕事>
⑧ 知識の吸収をする。
⑨ 楽しく仕事をする。
⑩ 働けることに感謝する。
 いずれも簡単そうで、わかってはいるけれど----というキーポイントばかりです。

 最後に「おやっ」と注目したのが、アンケートの回答結果(回答人数249人)でした。これによると「何歳まで働きたいですか」の問いに対し、75歳位が49%ともっとも多く、次いで70歳位が20%、80歳位も15%もあります。しかも「働く目的は何?」では、「健康のため」と答えた人が断トツのトップ。次いで「経済面」、「仲間づくりのため」が続くのです。
 「働く」ことは生活を支えるとともに、生きがいや健康につながっていきます。働きたい高齢者が多くなっている、その理由がわかった気がしたコーナー展示でした。

|

« ベストドレッサー賞の又吉直樹氏は大の古着好き | トップページ | グンゼの「キレイラボ」“完全無縫製インナー”がホット! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際福祉機器展〜いつまでも元気に働く「10のコツ!」展:

« ベストドレッサー賞の又吉直樹氏は大の古着好き | トップページ | グンゼの「キレイラボ」“完全無縫製インナー”がホット! »