« 映画 「ザ・トゥルー・コスト〜ファストファッション真の代償」 | トップページ | 「もうひとつの輝き 最後の印象派1900-20's paris」展を見て »

2015年11月13日 (金)

「青児とパリの美術~東郷青児のコレクションより」展 

1  あの宇野千代の小説に登場する画家が東郷青児です。優しい色調の夢見るような美人画で昭和モダンをリードし、戦後一世を風靡しました。

この画伯の展覧会「青児とパリの美術~東郷青児のコレクションより」が、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で、1121日(土)~1223日(水)まで開催されます。

フランスには1921(大正10)年から1928(昭和3)年まで滞在して、パリの香りをもたらしたといいます。その甘美なイメージと、現実のパリに対峙した画家として制作した作品とを比較展示されるとのことで、楽しみです。

詳細はサイトhttp://www.sjnk-museum.org/program/current/3323.htmlをチェックしてください。

|

« 映画 「ザ・トゥルー・コスト〜ファストファッション真の代償」 | トップページ | 「もうひとつの輝き 最後の印象派1900-20's paris」展を見て »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62676896

この記事へのトラックバック一覧です: 「青児とパリの美術~東郷青児のコレクションより」展 :

« 映画 「ザ・トゥルー・コスト〜ファストファッション真の代償」 | トップページ | 「もうひとつの輝き 最後の印象派1900-20's paris」展を見て »