« それでもパリは美しく輝いている! | トップページ | パリで「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」を訪ねて »

2015年11月20日 (金)

ランバンのアルベール・エルバスが退任とは!

Img_50591   ランバンのアルベール・エルバス退任のニュースが流れて、驚いています。ついこの9月にパリを訪れ、ヨーロッパ写真美術館で開催された「アルベール・エルバス/ランバン宣言 ALBER ELBAZ / LANVIN MANIFESTO」展を見てきましたから。

 ランバン展といえばこの夏、ランバンのクリエイティブディレクター、アルベール・エルバスの指揮で、創始者、ジャンヌ・ランバンの大回顧展がパリ市モード美術館で開催されていました。約16万人もの観客を集めて大盛況だったといいます。私も見たかったのですが、9月にはもう終了していました。でもこの写真美術館の展示を見て、残念な気持ちが帳消しされました。それほどすばらしい企画展でした。

Img_50581  写真展とはいいながら、そこには上の写真のように、ランバンの服をつくるアトリエが再現されていたのです。

Img_50532_2  広い展示室には、たくさんのドレスをドレーピングしたボディが並び、それらの後ろ壁に、エルバスの大きなデザイン画が描かれていました。仮縫いや試着の様子も直に伝わってくるような構成でした。

Img_50671_2  これは、ランバンとヨーロッパ写真美術館のコラボレーションで実現したといいます。いつも写真を紹介する美術館が、ファッション・ブランドと提携するのは極めて珍しいことのようです。もちろんこの展覧会もアルベール・エルバスによるものです。
 タイトルには「宣言 MANIFESTO」」とうたわれています。メゾン再生の立役者だったエルバスが、まさかこの後、退任することになるとは、誰が想像したことでしょう。
 
 今年は、このランバンをはじめディオールやバレンシアガなど、多くの有力クチュリエでデザイナー交代劇が繰り広げられました。常に創造性が求められる世界では、やむをえないことなのかもしれません。
 この先ますます激化しそうなブランドビジネスの行方に注目です。

|

« それでもパリは美しく輝いている! | トップページ | パリで「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」を訪ねて »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62720735

この記事へのトラックバック一覧です: ランバンのアルベール・エルバスが退任とは!:

« それでもパリは美しく輝いている! | トップページ | パリで「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」を訪ねて »