« 「もうひとつの輝き 最後の印象派1900-20's paris」展を見て | トップページ | 「クロスカンパニーの成長戦略」 »

2015年11月15日 (日)

アンダーカバー25周年展LABYRINTH OF UNDERCOVER

 東京オペラシティ・アートギャラリーで開催されている「ラビリンス・オブ・アンダーカバーLABYRINTH OF UNDERCOVER」に、MBFWT東京コレクションの最中でしたが、行ってきました。
Img_62991 これはファッションデザイナーの高橋盾が手掛ける「アンダーカバー UNDERCOVER」の設立25周年を記念する回顧展です。右は2009年春夏の「GRACE」の展示。

 アンダーカバーは、1990年代にストリートの若者たちの支持を集めて、パリコレに進出し、今やコムデギャルソンの川久保玲らと並ぶ、押しも押されもせぬ世界のトップブランドに成長しています。それにしてもこのブランドが立ち上がって、もう25年が経過したとは! 月日の流れは早いものですね。

 テーマの「ラビリンス LABYRINTH 」は「迷宮」の意味です。これはデザイナーのクリエーションへの謙虚な姿勢を表しているようです。
 序文には、「昔も今も暗中模索、ゴールなき迷路をさ迷っている」とあり、「反骨精神を武器に始めたUNDERCOVER」、「作品は混沌とした脳内の細胞を、不安定なバランス感覚で具現化したもの」であり、「いまだ脳内迷路をひたすらゴールめがけて走っている」と哲学的に結ばれています。

Img_62531  展示は時系列で、ファーストコレクションから今秋冬コレクションまで、ディスプレーされています。微妙に移り変わる変化を楽しみながら、このブランドらしい反逆的なミリタリーやパンク、ロック風、毒気のある可愛らしさ、SF感覚のものなど、デザイナーのいう「混沌と調和の融合」の世界が堪能できます。
 その一部をご紹介しましょう。

 右は、1999年春夏「RELIEF」。

Img_62571   2002年春夏「THE ILLUSION OF HAZE」。

Img_62591  2004年春夏「LANGUID」。

Img_62731  2005-06年秋冬「ARTS AND CRAFTS」。

Img_62901  2015年春夏「PRETTY HATE BIRD」。

Img_62951  2015年秋冬「HURT」。
 突き刺さるガラスの破片で、「傷ついた人」を表現しているジャケット。


Img_62671 アトリエ風景を垣間見るデザイン画やアイデアスケッチ・コーナーもあり、デザイナーを志す人の参考になるでしょう。
 写真撮影も映像を除きすべてOKという配慮もうれしいです。

 なお、展覧会は12月23日までの開催です。見ごたえのある内容ですので、鑑賞はお早めにどうぞ。

|

« 「もうひとつの輝き 最後の印象派1900-20's paris」展を見て | トップページ | 「クロスカンパニーの成長戦略」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62687896

この記事へのトラックバック一覧です: アンダーカバー25周年展LABYRINTH OF UNDERCOVER:

« 「もうひとつの輝き 最後の印象派1900-20's paris」展を見て | トップページ | 「クロスカンパニーの成長戦略」 »