« 「バイオミミクリー」に注目 | トップページ | 2016春夏ヒロミチナカノ 着物の美をさりげなく現代に表現 »

2015年11月 6日 (金)

2016春夏ヤストシエズミ フランク・ゲーリーにインスパイア

 MBFWT東京コレクションで、このところいつも建築にインスパイアされたコレクションを見せる「ヤストシ エズミYasutoshi Ezumi」が、先般2016年春夏コレクションを発表しました。

 今シーズン、ブランドを手がけるファッションデザイナーの江角泰敏が着想したのは、フランク・ゲーリーです。グッゲンハイム美術館やルイヴィトン・ファウンデーションなどの建築デザインで知られる建築家ですね。
 配布資料には、コンセプトに「マッタ・クラーキングMATTA CLARKING」とあります。何かと思いましたら、これはゴードン・マッタ・クラークというアーティストに由来する建築技法のこと。既存の建物を大幅に切断、その構造体を露出させるこの技法で、ゲーリーのオフィスでは、建物の構成材料をはがし、それらを新しく再構築することを実際に「マッタ・クラーキング」と呼んでいたそうです。
Img_59911_2 Img_59971_2














 ショーでは、この技法を応用した新しい形の服が多数披露されました。ゲーリー建築に特徴的な斜めのラインや、パーツをレイヤードした立体的なフォルム、また袖を意外な部分にあしらうなど、パーツを再構築したデザインなど-----。

 そのシャープなカットや美しいドレープにも魅了されました。
Img_60031  
 明るいギャラリーを会場に、モデルを間近に見ることができたことも大変うれしい、すてきなコレクションでした。

|

« 「バイオミミクリー」に注目 | トップページ | 2016春夏ヒロミチナカノ 着物の美をさりげなく現代に表現 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62630052

この記事へのトラックバック一覧です: 2016春夏ヤストシエズミ フランク・ゲーリーにインスパイア:

« 「バイオミミクリー」に注目 | トップページ | 2016春夏ヒロミチナカノ 着物の美をさりげなく現代に表現 »