« 2016春夏ヤストシエズミ フランク・ゲーリーにインスパイア | トップページ | 2016春夏ミキオサカベ&ジェニー ファックス 刹那性に注目 »

2015年11月 7日 (土)

2016春夏ヒロミチナカノ 着物の美をさりげなく現代に表現

Img_60451 先般の2016年春夏MBFWT東京コレクションでは、ベテランといわれるファッションデザイナーの活躍も光っていました。
 その一人が「ヒロミチナカノ」を手がける中野裕通で、9年ぶりにランウェイに帰ってきました。

 今シーズンは「着物の美を気軽に楽しんでほしい」と、昭和初期に大流行した“銘仙”の着物にインスパイアされたコレクションを発表しています。

 優しい色合いの縮緬のような質感の絹織物で、袂のように揺れる袖や襟が重なったワンピースやシャツ、コートなど。繊細な和のタッチをさりげなく表現し、現代の洋装に溶け込ませています。パッチワークやアップリケのテクニックもキーポイント。
Img_60251jpg_2 Img_60441
 








 大きい玉のモチーフは、日の丸をあしらったデザインのようです。
Img_60561  
 “ガーリーの先駆者”と言われたデザイナーらしい、どこか乙女心をくすぐるコレクションでした。

|

« 2016春夏ヤストシエズミ フランク・ゲーリーにインスパイア | トップページ | 2016春夏ミキオサカベ&ジェニー ファックス 刹那性に注目 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016春夏ヤストシエズミ フランク・ゲーリーにインスパイア | トップページ | 2016春夏ミキオサカベ&ジェニー ファックス 刹那性に注目 »