« 2016春夏「インプロセス」サファリとアフリカの美に注目 | トップページ | 2016春夏「ツカサミカミ」 花で「ユートピア」謳う »

2015年10月25日 (日)

2016春夏「ディウカ」 テーマは“un-form 形のないもの”

 「ディウカ divka」は、デザイナー田中崇順とパタンナー松本志行が手掛ける新進気鋭のファッションブランドです。このブログでも何度か(2014.4.24参照)取り上げ、業績も好調といいます。このブランドが、先般「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク東京(MBFWT)」に初参加して、メイン会場のヒカリエホールで、2016年春夏コレクションを発表しました。
Img_56081
Img_55941jpg  今シーズンのテーマは“un-form 形のないもの”だそう。襟や身頃や袖、生地の表と裏といった部分に分けられない服づくりに取り組み、部分と部分の境界を曖昧にしたり、あるいは一つのパターンでそれらを全て表現してみたり----。

 ランウェイには冒頭から白いスモッグが立ちこもり、モデルたちはその中を漂うようにウオーキングする、幻想的な演出でした。
 ドレスは、細長いシルエットが中心で、優美なドレープ・テクニックを駆使したものが多く見られます。プリント柄も輪郭を滲ませたり、ぼかしたり、焦点がズレたような感覚で、ハッキリとした形がないものが多かったです。カラーはモノトーン調で差し色にピンクやブルー、グリーンなど。
Img_56171jpg  
 幽玄な趣の美しいコレクションでした。

|

« 2016春夏「インプロセス」サファリとアフリカの美に注目 | トップページ | 2016春夏「ツカサミカミ」 花で「ユートピア」謳う »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62521699

この記事へのトラックバック一覧です: 2016春夏「ディウカ」 テーマは“un-form 形のないもの”:

« 2016春夏「インプロセス」サファリとアフリカの美に注目 | トップページ | 2016春夏「ツカサミカミ」 花で「ユートピア」謳う »