« 2016春夏「東京ニューエイジ」東京の今とこれからを表現 | トップページ | 2016春夏「ファセッタズム」 破壊と再構築の美 »

2015年10月17日 (土)

2016春夏「ミントデザインズ」 テーマは「ザ・ガーデン」

Img_54131jpg_2  人気ファッションブランド「ミントデザインズ mintdesigns」が、今回初めて「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク東京(MBFWT)」に公式参加し、2016春夏コレクションを発表しました。場所はメイン会場の渋谷ヒカリエではなく、江東区にあるトロット・ヒューリスティック シノノメという印刷製本工場を利用したギャラリーです。

 テーマは「ザ・ガーデン The Garden」で、庭園の花が主役とはいいながらも、シンプルで幾何学的で、抑えた色目が多く、この無機質な工場の空間に似合っているようでした。

 素材は、ジオメトリック感覚のプリントとともに透ける穴あきや輝くシルバー箔使い、レーザーカットなどテクニカルな加工が多く、ドレスの洗練された都会的なイメージを伝えていました。
Img_54211 Img_54201jpg














Img_54381g_3
  ところで今期は、各所で国際化へ向けたデザイナーの動きが活発化しています。このブランドを手掛ける二人のデザイナー、勝井北斗と八木奈央も、来年はパリ進出が噂されているところですね。活躍の舞台がますます世界に広がることを期待しています。

|

« 2016春夏「東京ニューエイジ」東京の今とこれからを表現 | トップページ | 2016春夏「ファセッタズム」 破壊と再構築の美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016春夏「ミントデザインズ」 テーマは「ザ・ガーデン」:

« 2016春夏「東京ニューエイジ」東京の今とこれからを表現 | トップページ | 2016春夏「ファセッタズム」 破壊と再構築の美 »