« 2016春夏「ミントデザインズ」 テーマは「ザ・ガーデン」 | トップページ | 2016春夏「アツシ ナカシマ」 映画「2001年宇宙の旅」に着想 »

2015年10月18日 (日)

2016春夏「ファセッタズム」 破壊と再構築の美

Img_54661  ファッションデザイナーの落合宏理が手掛ける「ファセッタズム FACETASM」が、今期「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク東京(MBFWT)」で、2016年春夏ウィメンズのコレクションを発表しました。私はこのブランドではいつもメンズコレクションばかりを見てきましたので、女性服は大変新鮮でした。

 テーマは、この7月のミラノでのメンズコレクションと同じ「Ambiguous daze in my ambiguous days 曖昧な自己探求」です。日常見慣れた服を、このブランドらしく破壊し再構築する美を追求しています。

 会場は渋谷区文化総合センター10階の狭い廊下で、通路にはビニールシートが無造作に敷かれたままです。モデルたちは顔を白塗りにし、髪を大きく横になびかせて、この上をウオーキングするという幻想的な演出でした。
Img_54451jpg_3 Img_54511_2  
 

 










 パーツを解体してリボンで結んだり、シルエットをふくらませてオーバーサイズにしたり----と、刺激的なデザインを披露。「服にタブーはない」と言うデザイナーのイマジネーションに、久々に敬服させられたコレクションでした。

|

« 2016春夏「ミントデザインズ」 テーマは「ザ・ガーデン」 | トップページ | 2016春夏「アツシ ナカシマ」 映画「2001年宇宙の旅」に着想 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62498803

この記事へのトラックバック一覧です: 2016春夏「ファセッタズム」 破壊と再構築の美:

« 2016春夏「ミントデザインズ」 テーマは「ザ・ガーデン」 | トップページ | 2016春夏「アツシ ナカシマ」 映画「2001年宇宙の旅」に着想 »