« 鎌倉「古我邸」秋の訪れを感じるテラスでランチ | トップページ | プルミエールヴィジョン・パリ9 月展ますます国際色豊かに »

2015年9月25日 (金)

PVスタッフのドレスはホールガーメントのコットンニット

Pvawards_023507x760  今期プルミエールヴィジョン・パリでは、女性スタッフのユニフォームに目をとめた来場者が多かったのではないでしょうか。ピンク味の赤いニットドレスで、アシンメトリック(左右非対称)なシルエットがモダンな女性らしさを強調していました。素材も心地よいコットン/ポリウレタンです。(写真はPVのHPより) 
 これは島精機のホールガーメント編機でつくられています。
 ホールガーメントは、一着まるごとシームレス(縫い目のなし)で、編機から直接立体的に編成されるため、ニット本来の手触りと軽さを演出し、ドレープ性に優れたニットウェアを生産する、20世紀の最も偉大な技術革命の一つです。

 同社は、今年もニットソリューション・エリアに出展していました。ブースで伺うと、このドレスをつくったのは、ホールガーメント機の4枚ベッドのMACH2Xで、マッハというように超高速で編み立て、異なるゲージのパターン、仕上げ、ステッチも自由自在。だからこのような複雑でクリエィティブなフレアーの演出も可能なのです。
 デザインは、フランスの若手ニットデザイナー、ザビエル・ブリスー Xavier Brisouxで、彼との共同制作といいます。

Img_47571  ブースでは、様々なデザインのニットドレスや、まるで織物のようにしっかりしたメンズジャケットも展示。  

 またかなり太糸のインターシャによる手織りホームスパンツィードのようなサンプル、さらに太糸入りキルティングも見せていただき、びっくり! 
 さらにファンシーなクッションの見本も。 ホールガーメント機は、どんなものも実現できる夢のマシーンになってきたようです。
Img_47501Img_47381_2

   ますます進化するホールガーメント。これにより業界構造は一変するのではと、改めて驚嘆しました。

|

« 鎌倉「古我邸」秋の訪れを感じるテラスでランチ | トップページ | プルミエールヴィジョン・パリ9 月展ますます国際色豊かに »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62348977

この記事へのトラックバック一覧です: PVスタッフのドレスはホールガーメントのコットンニット:

« 鎌倉「古我邸」秋の訪れを感じるテラスでランチ | トップページ | プルミエールヴィジョン・パリ9 月展ますます国際色豊かに »