« PVアパー・ジーンズウェア ジャパンデニム好発進 | トップページ | PVスタッフのドレスはホールガーメントのコットンニット »

2015年9月24日 (木)

鎌倉「古我邸」秋の訪れを感じるテラスでランチ

 欧州出張からシルバーウィークの日本に帰国しました。秋晴れの一日、鎌倉の洋館レストラン「古我邸」でランチしました。
Img_51131
 ここは、明治時代にジョサイア・コンドルの弟子が建てた三菱財閥の荘清次郎の別邸で、鎌倉の三大洋館の一つです。あの関東大震災も生き延び、要人の別荘として使われたといいます。

Img_51081  4月中旬にオープンして以来、ずっと行きたいと思っていたのですが、なかなか予約できませんでした。週末は常に満席で、1か月以上先でないととれない、大人気の店なのです。
 でもテラス席ならOKとのことで、邸宅裏にある池の前の席に案内していただきました。

1  池には真っ赤な赤トンボが、スイースイーっと飛び交っています。秋の訪れを感じながらのフレンチは格別で、まさに非日常のステキな体験でした。

 テラス席といえば表側と思っていましたので、「何故?」とお聞きしましたら、トンビに食べ物を襲われるからだそう。それだけ自然が豊かなのですね。
 裏側は、緑豊かな森に囲まれていて、今、森の小道を整備中とか。次はぜひそこを歩いてみたいものです。

 お料理もおいしくて、また来たいと思うすばらしいレストランでした。

|

« PVアパー・ジーンズウェア ジャパンデニム好発進 | トップページ | PVスタッフのドレスはホールガーメントのコットンニット »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉「古我邸」秋の訪れを感じるテラスでランチ:

« PVアパー・ジーンズウェア ジャパンデニム好発進 | トップページ | PVスタッフのドレスはホールガーメントのコットンニット »