« 「もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20’s paris」展 開催 | トップページ | イリス・ヴァン・ヘルペン展 近未来を予感する異次元モード »

2015年9月 1日 (火)

徹子の部屋展 あの舞台衣裳をデジタルスクリーンで体感

Scan0317_2  今、「徹子の部屋展」が、東京・日本橋の高島屋で、9月7日まで開催されています。
 黒柳徹子の「徹子の部屋」も、放送開始から今年で40周年、1万回を迎えたそうです。司会者が同一で最多放送回数を記録した、ということで、「ギネス世界記録」にも認定されたといいます。

 展覧会では、ステージ衣装やアクセサリー、徹子の部屋のスタジオも再現されています。
2_2  とくに楽しいのが、デジタルスクリーンコーナーでしょう。鏡の前に立つと華やかな衣裳が現れます。また別の衣裳に着替えてみたり、トレードマークの“たまねぎヘア”を頭にのせてみたり、楽しそうに写真撮影しているグループが目立ちました。私もちょっとだけ徹子さんになった気分を体感しました。

 この魅惑的な舞台衣装は、その日のゲストや天候に合わせてご本人が選び、収録が済むと、もう二度と着用することはないといいます。というのもすべてオークションに出して、その収入を寄付しているからなのだそうです。

 82歳という年齢で、まだまだ意気軒昂、その夢を追いかける姿に魅せられます。

|

« 「もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20’s paris」展 開催 | トップページ | イリス・ヴァン・ヘルペン展 近未来を予感する異次元モード »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62183308

この記事へのトラックバック一覧です: 徹子の部屋展 あの舞台衣裳をデジタルスクリーンで体感:

« 「もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20’s paris」展 開催 | トップページ | イリス・ヴァン・ヘルペン展 近未来を予感する異次元モード »