« PVスタッフのドレスはホールガーメントのコットンニット | トップページ | PVパリの新設アワード パブリック賞発表 »

2015年9月26日 (土)

プルミエールヴィジョン・パリ9 月展ますます国際色豊かに

 2016/17秋冬のテキスタイルを発表するプルミエールヴィジョン・パリ(PVパリ)が、9 月15 日(火)~17 日(木)の3日間、パリ郊外のパーク・デゼクスポジション会場で開催されました。6つの見本市出展社総数は1,924社で、前年同期比15社で減微しましたが、全体としてみれば安定した数といえるでしょう。日本は総数48社で第7番目に多い国となっています。
 プルミエールヴィジョン・ファブリック(PVファブリック)には、34か国770社が出展。日本からは新規4社を含む37社が出展しています。
1  
 この結果速報が先日、事務局より届きました。これによると、今期の来場者数は昨年同期と比べ微減の61,664 名です。その74%はフランス以外の国々、132 カ国からの来場で、このパーセンテージは過去の会期を上回り、ますます国際色が豊かになったといいます。
 来場者数の第1 位はフランスで16,200 名以上が来場。第2 位はイタリアで7,000 名以上(全来場者の11%)と増加。これはイタリア経済復調の兆しか? とみられています。
 第3位はイギリスで全来場者数の約9%(前年同期比1.4%増)を占める約5,500 名が来場。続く第4 位はスペインで3,400 名以上、ドイツは第5 位で2,982 名(全来場者の5%)と定着、ヨーロッパ圏ではベルギー、オランダが後に続きます。
 アジア圏からの来場は全来場者の13%で、日本からは1,901 名に増加。また韓国も8%増の1,209 名。中国は2,891 名とさらに大きい数字となり、17%増加したといいます。これは中国の各ブランドが、よりクリエイティブなものを創り出そうという強い意志のあらわれと分析されています。
 トルコは3%増の2,350 名が来場し、これは来場者数で第8 位。
 北米圏からは2,800 名を超える人々が来場し、アメリカは第7 位で2,400 名が会場を訪れたといいます。
 一方、ロシアからは13%減となり、同国経済の厳しい影響を強く受けている模様です。

 世界最高峰のテキスタイル見本市といわれるPVパリ。その出展社数や来場者数からは、各国の政治経済状況が伺えるようです。

|

« PVスタッフのドレスはホールガーメントのコットンニット | トップページ | PVパリの新設アワード パブリック賞発表 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62355866

この記事へのトラックバック一覧です: プルミエールヴィジョン・パリ9 月展ますます国際色豊かに:

« PVスタッフのドレスはホールガーメントのコットンニット | トップページ | PVパリの新設アワード パブリック賞発表 »