« PVパリの新設アワード パブリック賞発表 | トップページ | 2016/17秋冬PVファブリックのトレンドテーマ »

2015年9月28日 (月)

2016/17秋冬PVファブリックのコンセプト&カラー 

1 
 2016/17秋冬プルミエールヴィジョン(PV)ファブリックで発表されたシーズンコンセプト。そのポイントは次のようです。
 “創造力を発揮し、様々な文化やジャンルとの出会いを推進し、美的センスを積極的に発信する。過去への郷愁を捨て、遠過ぎる未来を夢想しないで、今という現実に立脚して美を創造するシーズン。”

 PVトレンド委員長のパスカリーヌ・ヴィルヘルムさんは、「現在をエンベリッシュする―美しく飾る―シーズン。ボディも素材も、新しい機能にも美意識が求められる」と語っています。そのキーワードは「自然」、「テクノロジー」、「光」です。このトリオを駆使して、現状を打破し、美しいときめきを実現していくことが重要といいます。
 またもう一つ、ヴィジュアルにアクションペインティングのような、絵の具のブラッシュ・タッチが採り入れられていたのも、今季の特徴です。ジャクソン・ポロックなど、遊び心のあるモダンアートからの影響を強く感じさせます。

Scan03271  カラー傾向は、全体に微妙なニュアンスをともなう色調です。
 ビビッドが少ない一方、色数は多いパレットで、とくにダークに注目といいます。
 シリアス(真摯)とデリシャス(甘美)を調和させ、寒色と暖色、軽さと重々しさ、フェミニンとマスキュリンのバランスをとる、3つのカラーレンジが提案されています。

〇コントラストにスリップする微妙なニュアンス
Lasubtilitesinfiltredanslesontraste  大胆で洗練された対比を演出するグループ。静かな明色と自己主張する赤、質感のある暖色とペールカラー、燃えるような濃色と繊細な寒色のコントラストが見られます。

〇リアルな色が微妙なニュアンスの中に合流
La_realit_se_fond_en_nuances570x320  3色1組のレンジです。非現実的なナチュラルと深みのあるブライトのハーモニー、またニュートラルと寒色、光あふれる暖色を組み合わせて、アンチ・ノーマルを表現します。

〇闇の中に現れるカラー
Dans_l_ombre_la_couleur_se_revele57  モノクロームと思われる色調の中に不明瞭なカラーが走ります。きわめて暗い寒色と暖色、謹厳な濃色と磁力を持つような色の、矛盾した組み合わせが、新しい変化を生み出すレンジです。

|

« PVパリの新設アワード パブリック賞発表 | トップページ | 2016/17秋冬PVファブリックのトレンドテーマ »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62365196

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/17秋冬PVファブリックのコンセプト&カラー :

« PVパリの新設アワード パブリック賞発表 | トップページ | 2016/17秋冬PVファブリックのトレンドテーマ »