« 円覚寺夏期講座 置かれた場所で環境を逆転させるには | トップページ | 今秋ファッションはボヘミアンな伝統感覚の素材とともに »

2015年8月28日 (金)

この秋のファッションポイントは?

 ファッションの秋、到来です。「さあ、何を着ようかな」と考えている方も多いでしょう。
 先月開催されたJFW-IFFインターナショナルファッションフェアでは、大人の女性にふさわしい新作コレクションが多数提案されました。

 そのポイントを三つ、ご紹介しましょう。

Img_21251  一つは、「たて長」のシルエットです。長いものに、また長いものを合わせて、重心を少し下に落とした感じの新しいバランス感覚を表現します。
 中でも注目は、「コーディガン」です。コートとカーディガンの中間をいくニットのアイテムで、細く長く見せるシルエットに乗って、やや肩を落とした感じのニットウェアが人気を集めそうです。
 右は「マディ MADY」のコーディネートです。

Img_21241  コートをガウン風に着こなす装いも目立ちます。テイラードコートやチェスターコートも、肩に羽織る感覚で、大人らしく着崩します。

 また今季、目立つのが、インナーのニットです。とくに多いのが、タートルネックのセーターで、これにより首を高く、「たて長」シルエットを強調します。
 左は「ヤマトドレス YAMATO DRESS」のものです。

Img_21171  二つ目は、「ポンチョ」です。70年代風のファッショントレンドとともに、俄然アウターの新鮮アイテムとして浮上してきました。
 特徴は、ワイルド感のあるフリンジですが、全体にモダンにエレガントに仕上げられています。

 右は、「アスプリのinnowave」ブランドのもの。
 丈は、腰を隠す丈ぐらいのものが多いようです。

Img_21221  左は、「ヤマトドレスYAMATO DRESS」のポンチョ風コートです。
 素材のフリンジボーダーが目新しく思われます。ポンチョの旬なイメージを引き出していますね。Img_21231



  三つ目は、「パンツスタイル」です。今シーズンはパンツが大いに売り上げを伸ばすことになりそうです。

Img_21141  この春先、少しだけ顔を見せていたワイドパンツが、早くもあちらこちらで店頭を飾っています。ウエストも高くなってきました。クロップト・ワイドからくるぶしを隠すロングフレアまで様々。センタープリーツのものも出てきました。今春夏大流行したガウチョパンツは、スカート風に変化しているようです。
 右は、「アスプリのSeadrake」ブランドのものです。 

 この秋は新しいアイテムを採り入れて、変わるファッションを楽しみたいですね。 

 

|

« 円覚寺夏期講座 置かれた場所で環境を逆転させるには | トップページ | 今秋ファッションはボヘミアンな伝統感覚の素材とともに »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62152627

この記事へのトラックバック一覧です: この秋のファッションポイントは?:

« 円覚寺夏期講座 置かれた場所で環境を逆転させるには | トップページ | 今秋ファッションはボヘミアンな伝統感覚の素材とともに »