« JFW-IFFメード・イン・ジャパンブランドエリアが充実 | トップページ | JFW-IFF ライフスタイルエリアにタオルブランド初出展 »

2015年8月 3日 (月)

JFW-IFF「ニッポン・モノ・イチ」にみる新ブランド

 今回もJFW-IFFインターナショナルファッションフェアで、中小機構の「ニッポン・モノ・イチ NIPPON MONO ICHI」が、15社、出展していました。
 そのうちコットンテキスタイル関連で2社が、今春、新しいファクトリーブランドを発表しています。

 一つは、武州正藍染の小島染織工業(埼玉県羽生市)の「カセ・バイ・コジマ KASE by KOJIMA」。
Img_21521_2  藍染め糸で微妙なニュアンスのグラデーションを表現した織物による製品です。
 ブランド名の「カセ」は「綛」で、綛染めの布であることに因んでいます。綛で染めると、糸本来の風合いを残しながら染められるといいます。

 使う程に藍木綿の味わいが増すという、シャツなどのアイテムを提案しています。

 もう一つは、古橋織布(静岡県浜松市)の「オリヤ oriya」。
Img_21431  昔ながらのシャトル織機で織った織物が好評な織屋 (オリヤ)が開発したブランドで、トートバッグやエプロンを売り出しています。
 明るいやさしい色調のブロックチェックが今の気分を表していて、フレッシュです。この色は、ボタニカルダイで表現されています。野菜や果物から抽出した色素で染められているのですね。

 トートバッグは口の部分がファスナー付きで、中身を見えなくできる仕様になっています。大、中、小の3サイズあり、中サイズで8,560円とのこと。

|

« JFW-IFFメード・イン・ジャパンブランドエリアが充実 | トップページ | JFW-IFF ライフスタイルエリアにタオルブランド初出展 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/62002328

この記事へのトラックバック一覧です: JFW-IFF「ニッポン・モノ・イチ」にみる新ブランド:

« JFW-IFFメード・イン・ジャパンブランドエリアが充実 | トップページ | JFW-IFF ライフスタイルエリアにタオルブランド初出展 »