« 映画「アドバンスト・スタイル―そのファッションが人生」 | トップページ | 「旅の風景 安野光雅 ヨーロッパ周遊旅行」展 開催 »

2015年7月 4日 (土)

「原宿から世界を見る〜今後のビジネスの提案〜」

 先月半ば、ファッションビジネス学会東日本支部講演会が杉野学園で開かれました。10619929_400336646825068_1382963589
 講師はハイパーハイパー代表取締役社長、早川千秋氏です。「原宿から世界を見る〜今後のビジネスの提案〜」をテーマに講演されました。
 ハイパーハイパーは、ゴシック・ロリータ系のブランド「プトマヨ」などを手がけるアパレルです。講演会には、このプトマヨのドレスをまとった青文字系雑誌「KERA」の読モ、星名桜子さんも現れました。本当にカワイイ! (写真がなくて残念です)

 東京では最近、ゴスロリ・ファッションをあまり見なくなったと思っていましたが---、世界は実はそうではなくて、SNSなどを通じて、熱狂的なファンが世界中にどんどん広がっているといいます。
 実際、インバウンドの若者たちの急増には驚かされます。「カワイイ」が世界共通語になり、あちらこちらで「これ、カワイイ!」の声が聞かれるようになりました。
 昨年末には原宿観光案内所「もしもし日本」も開設され、同氏も訪日外国人の対応に追われている様子です。

 折しも今、パリでは「ジャパンエキスポ」が開催されています。これはヨーロッパ最大の日本文化とエンターテイメントの祭典で、24万人が集まるといいます。「原宿カワイイ!」も、さぞかし盛り上がっていることでしょう。
 同社は今年も、この時期に合わせて、パリのオペラ座近くに期間限定ショップ「ディスカバリー・ジャパン」をオープンしているそうです。「プトマヨ」とロリータ・ブランドの「アンジェリックプリティ」が共同出店し、ショーやお茶会などのイベントを催して、日本の感性を世界に向けて発信しているといいます。

 今後は、ゴスロリをサブカルチャーに注視するだけではなく、ファッションとして、世界に攻勢をかけていくといいます。このためにメイドインジャパンへの取り組みを強化したり、人気のスイーツなどとコラボレーションしたり。新しいビジネス展開に挑戦していくとのことでした。

 ヤングのメッカ、世界の原宿で、ハイパーハイパーの発信力が注目されています。

|

« 映画「アドバンスト・スタイル―そのファッションが人生」 | トップページ | 「旅の風景 安野光雅 ヨーロッパ周遊旅行」展 開催 »

ファッションビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61830237

この記事へのトラックバック一覧です: 「原宿から世界を見る〜今後のビジネスの提案〜」:

« 映画「アドバンスト・スタイル―そのファッションが人生」 | トップページ | 「旅の風景 安野光雅 ヨーロッパ周遊旅行」展 開催 »