« 天蚕センター見学会 太った緑色の幼虫がいた! | トップページ | シースルーでカジュアルを女らしく »

2015年7月 8日 (水)

安曇野アートヒルズミュージアム エミール・ガレを訪ねて

Img_14761_3  信州安曇野で、天蚕センター(昨日のブログ参照)見学後、訪ねたのが安曇野アートヒルズミュージアムです。
 ここはガラス工芸の美術館で、アール・ヌーヴォーを代表するガラス工芸家、エミール・ガレのコレクションを常設展示しています。

Img_14751_2  北アルプス常念岳の麓にたたずむ同館は、安曇野の自然とモダンなつくりが溶け込み合う、お洒落なミュージアムでした。
 ガレの工房に刻まれていたという言葉、“Ma Racine est au Fond des Bois”(我が根源は森の奥にあり)が、出発点といいます。
 自然を愛するガレ作品を展示するのに、雰囲気がぴったりマッチしていると思いました。

Scan0308  作品は、アール・ヌーヴォーを中心にアールデコまで、逸品ぞろいです。
 
 植物や鳥、魚など自然のモチーフに見る、美しい色や光にうっとりさせられながら、流麗なサインを見つけては感動したりして----。
 洗練された曲線と絶妙な立体感のアートワークを堪能しました。

 

Img_14791_5  広々としたミュージアムショップがあり、工房では、ガラス制作も体験できます。

 今度はもっとゆっくり来たいですね。

 

|

« 天蚕センター見学会 太った緑色の幼虫がいた! | トップページ | シースルーでカジュアルを女らしく »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61863053

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野アートヒルズミュージアム エミール・ガレを訪ねて:

« 天蚕センター見学会 太った緑色の幼虫がいた! | トップページ | シースルーでカジュアルを女らしく »