« 魔法の美術館 見て触って楽しむ光のアートに笑顔溢れて | トップページ | 色彩と文様展 染織祭衣装にみる昭和初期の職人の技 »

2015年7月22日 (水)

「和モダン」なプリントのワンピースで夏を楽しく!

 最近、キャリア女性たちの間で、人気を集めているのがプリントのワンピースドレスです。あのヴォーグ誌のカリスマ編集長アナ・ウィンターも、そんなワンピースをかっこよく着こなしています。

Img_17501jpg_2  様々なプリントが出回る中、先日、青衣(あおごろも)というブランドに出会いました。
 東京・表参道のスパイラル「ショーケース」で、ポップアップショップをオープンしていたのです。京都発のプリントテキスタイルのブランドで、「和モダン」な雰囲気がいっぱい!
 モチーフは、富士山や錦鯉、菊の花といった日本人が昔から親しんできた和柄で、それらを抽象的にアレンジし、彩り鮮やかに仕上げています。美しい日本の青を基調に、ちょっとポップな色彩を採り入れたプリントは、北欧のモダン感覚を思わせ、楽しく明るい印象です。

Img_17551  生地はいずれも熟練した京都の職人の手で染め上げられているといいます。素材は、爽やかで心地よいコットン100%です。

 柄を生かしたシンプルなデザインのワンピースドレスは、15,000円くらいから。お揃いの帽子やストール、バッグ、ポーチなど、ファッション小物も多数品揃えされています。なお、このショップは24日までですが、今月末から、新宿伊勢丹5階で再び展開されるとのことです。

 それにしても、どこか昔懐かしいコットンのプリント生地が、こんなにすてきなワンピースになって蘇っているとは! 今、風は「和モダン」なテイストに吹いている。このことは以前から言われていましたけれど、これを目にしてはっきり感じ、うれしくなりました。

 この夏は、「和モダン」なプリントのワンピースを着て、楽しい思い出をつくりたいものですね。

|

« 魔法の美術館 見て触って楽しむ光のアートに笑顔溢れて | トップページ | 色彩と文様展 染織祭衣装にみる昭和初期の職人の技 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61934199

この記事へのトラックバック一覧です: 「和モダン」なプリントのワンピースで夏を楽しく! :

« 魔法の美術館 見て触って楽しむ光のアートに笑顔溢れて | トップページ | 色彩と文様展 染織祭衣装にみる昭和初期の職人の技 »