« 2016春夏PTJ その⑶ 洗練された柄効果 | トップページ | 2016春夏京都スコープ 華やかで洗練されたテキスタイル  »

2015年6月14日 (日)

2016春夏PTJ その⑷ デニムはきれい目ストレッチが主役

 デニム回帰の流れを受けて、先般の2016年春夏「プレミアムテキスタイルジャパンPTJ」でも、デニムやデニム調素材がたくさん見られました。
 デニムとはいえ、一昔前のゴワゴワしたかたいジーンズのイメージではありません。軽くてしなやか、きれい目のストレッチするものが多くなっています。
 日本のデニムメーカーの最大手、カイハラでも「デニムはきれい目ストレッチが主役」といいます。

Img_07181  同社は、今シーズン、このストレッチデニムの新商品、「エアチューブ・デニム」を打ち出しています。これは、C型断面の中空糸を使ったデニムで、高中空率なので、驚くほど軽くて、ソフトな風合いなのです。
Img_07131_2
 また、ヴィンテージ調やダメージ加工のものも展示。着古した感覚のデニムが、表情を変えて再び戻ってきているようです。

 きれい目ストレッチ中心に、ときにダメージ調もと、デニムは実に多様な顔を持っている、と改めて思います。

|

« 2016春夏PTJ その⑶ 洗練された柄効果 | トップページ | 2016春夏京都スコープ 華やかで洗練されたテキスタイル  »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61747056

この記事へのトラックバック一覧です: 2016春夏PTJ その⑷ デニムはきれい目ストレッチが主役:

« 2016春夏PTJ その⑶ 洗練された柄効果 | トップページ | 2016春夏京都スコープ 華やかで洗練されたテキスタイル  »