« 銀座メゾンエルメスで「線を聴く」展 | トップページ | 「コットンの日」盛大に「COTTON USAアワード2015」 »

2015年5月14日 (木)

来春夏米沢テキスタイル 透け感や立体感をエレガントに

 山形県米沢産地の2016年春夏テキスタイルを発表する「米沢テキスタイルコレクション2016 SS」(主催:米沢繊維協議会)が、12-13日、東京・有楽町の東京交通会館で開催されました。

Img_03081_3  全体にフォーマルな品格あるジャカードが中心で、透け感や立体感をエレガントに表現した素材が多くなっています。
 明るいパステルカラー使いで、春らしい華やかさを盛り上げていました。

 参加した17社のコレクションから、目についた素材をピックアップしてみましょう。

 青文テキスタイルでは、凹凸感をつけた透けるカットジャカードが印象的です。
Img_02991jpg Img_03011
カットジャカードのニットチュール    ボーダージャカード
コットン/ポリエステルやナイロン複合が多く見られます。

Img_02962jpg Img_03061
 ワボー                  タケダ産業              上品なC71/CU17/NY12      格調の高いC72/NY22/P6

|

« 銀座メゾンエルメスで「線を聴く」展 | トップページ | 「コットンの日」盛大に「COTTON USAアワード2015」 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61595712

この記事へのトラックバック一覧です: 来春夏米沢テキスタイル 透け感や立体感をエレガントに:

« 銀座メゾンエルメスで「線を聴く」展 | トップページ | 「コットンの日」盛大に「COTTON USAアワード2015」 »