« 2016 S/S T・N JAPAN東京展 「華やぐもの」をテーマに | トップページ | みんなにうれしいカタチ展 ヘルメットになる椅子に注目 »

2015年5月19日 (火)

「フランス絵画の贈り物-とっておいた名画」展開催

1  近代のフランス絵画といえば、すぐに思い浮かぶのが印象派の印象派のモネやマネの作品です。この印象派をはじめ、シニャックらの新印象派やバルビゾン派、フォーヴィスム、エコール・ド・パリ派の画家たちの絵画、約40点を集めた特別展 住友グループの企業文化力Ⅲ「フランス絵画の贈り物-とっておいた名画」が、東京・六本木一丁目にある泉屋博古館分館で、5月30日(土)より8月2日(日)まで開催されます。

 泉屋博古館は、住友グループ各社や住友家が長年にわたり蒐集したコレクションを保存、研究、展示している美術館です。本展は、同館が所蔵するフランス絵画の中で、「とっておいた名画」というように、知られざる逸品がそろっているといいます。京都からの巡回展だそうで、東京での公開が楽しみです。
 詳しくはホームページ:http://www.sen-oku.or.jpをご覧下さい。

|

« 2016 S/S T・N JAPAN東京展 「華やぐもの」をテーマに | トップページ | みんなにうれしいカタチ展 ヘルメットになる椅子に注目 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61616389

この記事へのトラックバック一覧です: 「フランス絵画の贈り物-とっておいた名画」展開催:

« 2016 S/S T・N JAPAN東京展 「華やぐもの」をテーマに | トップページ | みんなにうれしいカタチ展 ヘルメットになる椅子に注目 »