« 映像投影によりテキスチャーが変化する衣装 | トップページ | 「スター・ウォーズ展」の人気がスゴイ! »

2015年5月29日 (金)

「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」

 グローバル化は多様性を招き、混沌としたカオスを生み出しているようです。こうした中で、最近見たのが今、森美術館で開催中の「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」です。あふれる装飾の時代に、シンプルな形の持つ美しさを再発見させられました。

Img_06261jpg  本展は、フランスのポンビドゥー・センター・メス館で行われた「シンプルな形態の美」展の巡回展です。しかし今回のそれは、「エルメス財団」との共同企画で、森美術館のリニューアル記念展として実現されたものだそう。出品された130点の約40%は、日本版として再構成されているといいます。木彫りの円空仏や長次郎の楽焼など、“侘び寂び”や“禅”の美意識を感じさせるものが多々みられ、興味深かったです。

 この古今東西の“シンプルなかたち”を集めたコレクションは、次の9つのセクションで構成されていました。そのポイントをご紹介していきましょう。

1 形而上学的風景
Scan03021_2  石の小さなオブジェが並んでいて、「オヤッ」と思います。私もこんな石を集めるのが好きなのです。アーティストたちは、一見無用と思われるような自然のものに美を見出してきたのですね。

 右のブラッサイの石の彫刻<鳥>に惹かれます。(パンフレットの写真から)

2. 孤高の庵
 シンプルなかたちの美を静かに考えさせられる空間です。円空の五輪塔や長次郎の黒樂茶碗など、洗練された工芸品がディスプレーされています。でもとくに目を引くのは、グザヴィエ・ヴェイヤンの<光線>をイメージした巨大なインスタレーションでしょう。

3. 宇宙と月
 古代より人類を魅了してきた、月の丸い形や満ち欠け、月の光などを表象した作品。この円は宇宙を表すとのことで、とくに注目は、仙厓の<円相図>でしょう。「円を食べて消してしまおう」という、禅の悟りの境地を表現しているといいます。

4. 力学的なかたち
1505_pi_katachi  本展で一番の見どころは、このコーナーではないかと思います。

 19世紀から20世紀初頭、科学が進歩し、その“シンプルなかたち”の美学に触発されたアート作品が次々に生み出されていくのです。飛行機の発明では、マルセル・デュシャンが、そのプロペラの美に魅了されたといいます。

 左のポスターに大きく取り上げられている作品も、この航空力学をヒントにした、コンスタンティン・ブランクーシの彫刻、<鳥の跳躍>です。すっと伸びた流線型が美しいです。

5 幾何学的なかたち
 ここでは18世紀の結晶学や数学の方程式を模型にしたものなどが展示されています。この規則性に刺激された現代アーティストの作品もあり、とくに杉本博司の鋭利な数理模型に驚嘆! 先端が見えない鋭さなのです。

6 自然のかたち
 自然といっても とくに植物のかたちに注目したコーナーです。

7. 生成のかたち
 豊穣をイメージさせる、モダンな造形が展示されています。

8 動物と人間
 人間の身体や動物を表現した作品群で、とくにピカソの牡牛の連作に目をみはりました。あのスティーブ・ジョブスも大好きたったという絵です。抽象化の表現法がわかりやすく伝わってきました。

9 かたちの謎
Scan03022pg  締めくくりは、スターウオーズの “モノリス”のようなオブジェです。
 黒い巨大な多面体は、カールステン・ニコライの<アンチ>という作品で、手をかざすと、鈍い音が響いてきます。何とも不思議なアートです。

 この本質的で普遍的な美を求める動きは、ファッションの世界では、これまでにもよく見られた現象です。“シンプル・イズ・ベスト”とか“レス・イズ・モア”など。そして昨年来、トレンドを表すキーワードになっているのが、“ノームコア normcore (究極の普通)”です。

 ですからファッション関係者にも、何らかのインパクトのある展覧会では、と思います。お時間があったらぜひ。会期は7月5日までです。

|

« 映像投影によりテキスチャーが変化する衣装 | トップページ | 「スター・ウォーズ展」の人気がスゴイ! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61662740

この記事へのトラックバック一覧です: 「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」:

« 映像投影によりテキスチャーが変化する衣装 | トップページ | 「スター・ウォーズ展」の人気がスゴイ! »