« みんなにうれしいカタチ展 ヘルメットになる椅子に注目 | トップページ | 1∞ミナカケル展 ふんわりやさしいミナペルホネンの世界 »

2015年5月21日 (木)

糸をテーマにした企画展" le fil rouge

Poster  先日、エスパス ルイ・ヴィトン東京へ行ってきました。表参道を歩いていて、ここで糸をテーマにした企画展" le fil rouge "が開催されていることを知ったからです。これはフランス語で"赤い糸"の意味です。私も運命の赤い糸に引き寄せられるように中に入ってしまいました。

 目を惹いたのは、明るいスペースの中央にある巨大なインスタレーションです。たくさんの、実は250個もあるそうですが、小さなオブジェがフロアーに置かれ、そこからたくさんの細い糸が天井に向けて真っすぐに伸びています。このオブジェは紡錘のようでもあり、マグネットの力で床に付いているといいます。タイトルは「無限に向かっていく250の点」で、イタリア人のタティアナ・トゥルヴェの作品です。
Img_04861  
Img_04871  他にエジプト出身のガーダ・アメールによるキャンバスに刺繍を使った作品「カラー ミスビヘイビア」(写真左)や、ベルギー人のハンス・オプ・デ・ベークの文楽人形をヒントにした映像作品「ザ・スレッド」などもあります。

 糸のもつ不思議な力を改めて感じた展覧会でしたね。開催は31日までです。

|

« みんなにうれしいカタチ展 ヘルメットになる椅子に注目 | トップページ | 1∞ミナカケル展 ふんわりやさしいミナペルホネンの世界 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61631962

この記事へのトラックバック一覧です: 糸をテーマにした企画展" le fil rouge :

« みんなにうれしいカタチ展 ヘルメットになる椅子に注目 | トップページ | 1∞ミナカケル展 ふんわりやさしいミナペルホネンの世界 »