« 2016年春夏 小野莫大小展示会「ソフトネス」をテーマに | トップページ | きものの影響力に衝撃! »

2015年5月24日 (日)

2015年秋冬「バラ色の暮し」は“セレブレート ガーテン”

 ファッションブランド「バラ色の暮し」が、21〜22日、東京本社で2015秋冬もの展示会を開催しました。ロマンティックでエレガント、上品で着やすい服作りをコンセプトとしているブランドで、デザインを手がけるのは、ファッションデザイナーのケイ山田さんです。
 ケイ山田さんは、蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(このブログ2014.6.14付け参照)のオーナーで、英国園芸研究家、ガーデンデザイナーでもあります。

 今年は、このイングリッシュガーデンが創設25周年を迎えることから、コレクションテーマを“セレブレート ガーテン”として、新作を発表しています。

1  右は、今シーズンの新しいメルヘンシリーズで、グリム童話の「ラ・プンツェル」に着想したもの。
 これはシルク/カシミアのプルオーヴァーですが、同じ柄で綿天竺プリントの長袖Tシャツや、ビエラプリントのドレスなど、様々なアイテムを展開しています。

Img_04921pg  左は、ヴィクトリアンシューズ柄をプリントした麻のジャケット。

 また19世紀末に英国で流行ったパラソルのモチーフのものも見られます。

 

 オリジナルレース使いのダウンジャケットにも夢を感じます。
Img_04951jpg Img_04971  
Img_05051  この他、ニットの提案も多く、モンゴル産のカシミアやヤクの毛使いのものなど。
 右のようなニットにレースをあしらったものも人気といいます。

 なお、今季はSサイズを強化し、母娘から祖母三世代での着用を意識して、デザインしたとのことでした。

 いくつになっても少女の心を失わない女性たち。これはそんな大人の女性に向けた、ちょっとすてきなブランドです。

|

« 2016年春夏 小野莫大小展示会「ソフトネス」をテーマに | トップページ | きものの影響力に衝撃! »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61640839

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年秋冬「バラ色の暮し」は“セレブレート ガーテン”:

« 2016年春夏 小野莫大小展示会「ソフトネス」をテーマに | トップページ | きものの影響力に衝撃! »