« AW15/16「アンリアレイジ」展 鮮烈な「光」の模様 | トップページ | 15/16年秋冬「コハクション」二着仕立てのアウターウェア »

2015年4月24日 (金)

“タイ王国の「心身健美」な恵みたち”を日本のシニアに

  “シニア大国、日本へ。タイ王国が歩み続ける、「心身健美」な恵みたち”をコンセプトにした展示会(タイ国大使館商務参事官事務所主催)が、先月末、東京・目黒にあるタイ王国大使館ホールで開催されました。

Imgp00021  これはタイ王国伝統のモノづくりを現代に生かした商材を、日本のシニア層に向けて発信する第一歩と位置づけられています。参加したのは約50社で、ファッション雑貨、健康・美容、食品の3つの分野からの、選りすぐりの企業といいます。会場には、心身にやさしい、多彩な商品が、所狭しに展示されていました。
 いずれも私たち日本人にはどこか懐かしい、自然と手の温もりを感じさせる品々です。失われつつある日本のそれを惜しむシニアの心を、くすぐりそうです。

 ファッション雑貨エリアでは、有名なタイシルクを始め、様々なものが出ていました。中でも私が注目したのは、タイナム・チョーク・テキスタイル (THAI NUM CHOKE TEXTILE)と、ディーサワット (DEESAWAT)のブースでした。

Imgp00051  タイナム・チョーク・テキスタイル (THAI NUM CHOKE TEXTILE)は、昨年行われた「JFWジャパン・クリエーション」に出展されていたこともあり、見知っていました。
 今回も、得意とする自然素材と天然染料で染めたテキスタイルで、ドレスを中心に、帽子、手袋やソックスなどの小物を提案し、好評の様子でした。

 素材は麻やシルク、コットンの他、タイ原産の農作物のカポックやハス、バナナ、パイナップル、月桃など、日本ではあまり知られていない天然繊維や、天然色素のお茶や天然藍、アーモンドなどの見本も展示されていて、大変興味深かったです。
Imgp00131jpg Imgp00071  
 豊かな自然に恵まれ、それを大切にしているタイの人々の想いが伝わってくるようでした。

 ディーサワット (DEESAWAT)は、グッドデザイン賞など数々の賞を受賞している、アジア有数の木工家具メーカーです。
 今回、展示されていたのは、同社のウエルネスコレクションから、高級チーク材の二つの家具でした。
Imgp00121jpg_2  その一つがスツール(BRACE STOOL)です。片側にアーム、もう一方の側にバーがついています。私も座ってみて、このバーが、体を支える柱のようになって、立ち上がりやすいことを実感しました。玄関に置いておきたいと思う、優れものです。昨年ウエルネスデザイン賞を受賞したというのもうなずけます。

Imgp00101jpg  もう一つはベンチです。
 背もたれに点字で「どうぞお座りください」と書かれています。目の不自由な方も、他の方にシートをおすすめできるようになっているのです。まさにユニバーサルデザインですね。

Imgp00091_2

 ここには微笑みの国らしい、人と環境にやさしいプロダクツがいっぱい。タイ王国って、もしかしたら日本よりも進んでいるかも----と、思ってみたりもしました。

 最後に、本展には、私も属しているSUDI湘南くらしのUD商品研究室のメンバーが協力したことを付け加えておきます。

|

« AW15/16「アンリアレイジ」展 鮮烈な「光」の模様 | トップページ | 15/16年秋冬「コハクション」二着仕立てのアウターウェア »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61488744

この記事へのトラックバック一覧です: “タイ王国の「心身健美」な恵みたち”を日本のシニアに:

« AW15/16「アンリアレイジ」展 鮮烈な「光」の模様 | トップページ | 15/16年秋冬「コハクション」二着仕立てのアウターウェア »