« リラクシングウェア「ボッコ」の縫い代がないカットソー | トップページ | “タイ王国の「心身健美」な恵みたち”を日本のシニアに »

2015年4月23日 (木)

AW15/16「アンリアレイジ」展 鮮烈な「光」の模様

 「アンリアレイジ(ANREALAGE)」といえば、最新テクノロジーを駆使した実験的な服づくりで、世界中を騒がせている人気ブランドです。
 
 先月末、この2015/16秋冬もの展が、東京・青山スタジオで開催されました。これは先般のパリコレで発表されたコレクションです。私はこのビデオも拝見していますが、展示会では、その実物を間近に見せていただけます。

Cimg2069j1pg_3
 今シーズンのテーマは「LIGHT 光」とか。前シーズンの「SHADOW 影」とは裏腹な関係です。どのようなものなのかと、興味を持っていました。
Cimg20612jpg_2  会場に着くと、ブランドを手がけるファッションデザイナーの森永邦彦さんにお目にかかることができました。このことを伺うと、森永さんはすぐに懐中電灯のようなもの持ってこられ、服を照らしたのです。光が当たった部分から、パッと鮮烈な色彩の模様が浮き出てきました。鮮やかなブルーや赤、ピンクといった色調の、カラフルな花や水玉模様、千鳥格子、ギンガムチェックといった柄が、暗闇の中から湧き上がってくる、そんな感じです。それはまるで魔法のようでした!
 この光は“ブラックライト”というものだそうです。調べましたら、紫外線を放射するライトでした。それにしてもこのような視覚効果をデザインする、デザイナーの卓抜した表現力に圧倒されます。

Cimg20681jpg_2  シルエットは、構築的なラウンドシェイプが中心です。そのシンプルな造形をつくるテキスタイルにも魅了させられました。ジャカードのグラデーションやニードルパンチ、ニットなど、実に凝っています。このモノトーンの複雑な構造の奥に、発光するカラーの秘密が隠されているのです。

 さて、この次はどんなサプライズを見せてくれるのでしょう。いつも楽しみに見ているブランドです。

|

« リラクシングウェア「ボッコ」の縫い代がないカットソー | トップページ | “タイ王国の「心身健美」な恵みたち”を日本のシニアに »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61486843

この記事へのトラックバック一覧です: AW15/16「アンリアレイジ」展 鮮烈な「光」の模様:

« リラクシングウェア「ボッコ」の縫い代がないカットソー | トップページ | “タイ王国の「心身健美」な恵みたち”を日本のシニアに »