« 防災ツール「プレファブコート ライス神戸」 | トップページ | 「丸山敬太が描くファッション業界の未来地図」 »

2015年4月29日 (水)

15/16秋冬ネスト+プラスアンビアンス 個性的ブランド集結

 エッジの効いた個性的なファッションブランドの合同展「ネスト+プラスアンビアンスNest +plus ambiance」が、先月末、開催されました。参加したのは、40社の実力派ファッションブランドです。東京・代官山の4会場に分かれて、今秋冬ものコレクションを発表していました。
 今を時めくブランドが集結する展示会でしたが、何しろ数が多くて、時間がなくなり、ほんの一部しか回れませんでした。
 その中で注目したブランドを3つ、ご紹介します。

ディウカ divka
 ディウカは、デザイナー田中崇順さんとパタンナー松本志行さんが2011年に立ち上げたブランドです。パリのファッション展などにも出展されて好評を博するなど、若手では一番の成長株とみられています。
 特徴は、ドレープを生かした非対称なカッテイングのハーモニーと、独自のプリントデザインです。エッジ―なのに、洗練されたエレガントな雰囲気があり、いつも魅了されているブランドです。
Cimg21061jpg  
 今シーズンは「face(面)」がテーマで、独特のズレやひねりを加えたシルエットで変化を見せていました。ねじりの入ったパンツのラインも目新しく映りました。

ミドラ MIDOLA
 ミドラは、元「lesstHan」の安藤大春さんが、昨秋スタートさせたばかりのレディースブランドです。
 シンプルでスポーティブなスタイリングで、移り変わる「東京の日常」を表現しています。
Cimg21041_2
Cimg21021jpg  一見何気ない普通の服なのですが、背中を見ると大きく割られていたり、スカートのボックスプリーツの内側に別布が当てられていたり-----。
 トラッドな形を少しだけ崩したデザインが新鮮です。

 とくにニットのストールで、袖を通すとセーターを着用しているように見えるアイテムが、大人気の様子でした。



パピエ・ティグル・パリ・東京 PAPIER TIGRE PARIS TOKYO
 「パピエ・ティグル」は、パリを拠点に活躍するペーパープロダクトのブランドで、そのオリジナルなグラフィックのステーショナリーは、パリの人気セレクトショップ「メルシー」でも販売されていて、好評といいます。

Cimg21131  このパピエ・ティグルのウェアラインが、「パピエ・ティグル・パリ・東京」です。スタートして4シーズン目になるそうで、レディスもメンズも手掛けるユニセックス展開です。

 服と同じ柄の表紙のノートブックを合わせたディプレーで、オヤッと思わせます。
Cimg21161jpg  
 大胆な構図のペーパーデザインを生かしたシンブルな服は、他にないユニークな個性を放っていました。
 紙はリサイクルペーパーを使用しているそうです。

|

« 防災ツール「プレファブコート ライス神戸」 | トップページ | 「丸山敬太が描くファッション業界の未来地図」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61521647

この記事へのトラックバック一覧です: 15/16秋冬ネスト+プラスアンビアンス 個性的ブランド集結:

« 防災ツール「プレファブコート ライス神戸」 | トップページ | 「丸山敬太が描くファッション業界の未来地図」 »