« PV2月展 「ショーワ」デニムにシフト | トップページ | PV2月展 「ミナミ」の一味違うオリジナルニット »

2015年3月 5日 (木)

PV2月展 「チクマ」の洗練されたラスティック

 「チクマ」婦人服地部が、「TAKE BY CHIKUMA」の名称で、今期もプルミエールヴィジョン(PV)パリに出展していました。

今シーズンは、洗練されたラスティック調が台頭しています。こうした傾向もあって、トレンドフォーラムで、とくに目を引かれたのが同社のクオリティです。それを二つ、ご紹介しましょう。
 左下は、畳の目のようなジャカード織りで、一見、ラフィアのようです。
 右下は、ツィーディなタッチの、シルク/ポリエステル/レーヨン/コットン/リネンの複合織物です。
Cimg1410chikuma1 Cimg1413chikuma1

 野趣があって高級という、矛盾する感覚をバランスよく表現している、見事な素材です。

|

« PV2月展 「ショーワ」デニムにシフト | トップページ | PV2月展 「ミナミ」の一味違うオリジナルニット »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61224538

この記事へのトラックバック一覧です: PV2月展 「チクマ」の洗練されたラスティック:

« PV2月展 「ショーワ」デニムにシフト | トップページ | PV2月展 「ミナミ」の一味違うオリジナルニット »