« PVファブリック2月展 「トスコ」植物染めラミーで初出展 | トップページ | 「メイド・イン・ジャパンのものづくり」 »

2015年3月 1日 (日)

PV2月展 「クルック・オルタナティブ」オーガニック綿で初出展

 プルミエールヴィジョン(PV)パリ2月展のPVファブリックに、クルックの子会社「クルック・オルタナティブ」が初出展していました。
Cimg14191jpg  
 発表したのは、伊藤忠商事と共同開発したプレ・オーガニック綿とオーガニック綿のブランド「エバールームeverloom」です。去年立ち上げ、昨年9月に日本で初めて展示会を行い、この後、世界に発信しようと、PVに初参加したといいます。
 
 この「エバールーム」は、インド北部デカン高原で、オーガニックコットン農家を育てようと始められた、モノづくりのプロジェクトです。綿花を輸入し、糸にするのは大正紡績が担当。その糸を日本綿布と吉河織物が織物やデニムに、オカザキニットと森下メリヤス工場が編地に、渡辺パイルがタオルにします。このような日本の産地との連携体制が整い、出展につながったといいます。

 ブースでは、製品もたくさん展示されていました。価値観を共有できるアパレルとの提携を視野に入れている模様です。
 予想以上の約150社が来場し、手ごたえをつかんだとのことでした。

 ところでクルックは、「代々木ヴィレッジ」を運営する会社です。プロデューサーの小林武史氏を中心に、2011年に設立され、オーガニックライフを提案するレストランやショップがあります。大都会のオアシスといった雰囲気で、私も時折訪れる場所です。その子会社が、PVに出展するとは! ちょっとびっくりしました。

 時代は、エコでエシカルな方向へ動いていると、改めて認識させられます。

|

« PVファブリック2月展 「トスコ」植物染めラミーで初出展 | トップページ | 「メイド・イン・ジャパンのものづくり」 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61223062

この記事へのトラックバック一覧です: PV2月展 「クルック・オルタナティブ」オーガニック綿で初出展:

« PVファブリック2月展 「トスコ」植物染めラミーで初出展 | トップページ | 「メイド・イン・ジャパンのものづくり」 »