« パリの邸宅美術館でクリスチャン・ラクロワのモード展 | トップページ | パリで「ジェフ・クーンズ回顧展」 »

2015年3月13日 (金)

パリで「クリムトの時代 ウィーン分離派」展

  パリへ行くと、必ずチェックするのが地下鉄のポスターです。この2月に行ったときには、「クリムトの時代 ウィーン分離派」展が大々的に掲げられていました。
Cimg15291  帰国直前でしたが、初日に間に合い、会場のピナコテークに行ってみました。やはり行列ができていましたけれど、今では毎日、もっと長い列になっている様子です。(写真は入口付近) クリムトは、さすがに人気絶大です。

 本展の目玉は、ポスターにもなっているグスタフ・クリムトの「ユディトJudith」(1901)もそうですが、それ以上に驚嘆させられたのが、巨大な壁画の展示でした。「ベートーヴェン・フリーズReconstitution de la Frise Beethoven」(1902)と名付けられ、あの作曲家ベートーヴェンの交響曲第9番へのオマージュであるとのことです。世紀末らしい退廃的で官能的なムードが漂っていて、どこがベートーヴェンなのかと思ってしまったのですが----。金箔がたっぷり使われている、華やかなところでしょうか。
 これはフランス初公開だそうで、皆、見入っていました。

 他に、グスタフの弟のエルンスト・クリムトや、フランツ・フォン・シュトゥックの幻想的な絵画などに惹かれました。エゴン・シーレも奇妙な絵が2点、出ていました。

 19世紀末から20世紀初頭は、アールヌーボー様式が登場する、テキスタイルデザインの源流のような時代です。パリやミラノの来春夏向け服地見本市でも、この年代に因んだ図柄のプリントをたくさん目にしました。

 テキスタイル関係者には、必見の展覧会ではと思われますが、いかがでしょう。6月21日までの開催です。

|

« パリの邸宅美術館でクリスチャン・ラクロワのモード展 | トップページ | パリで「ジェフ・クーンズ回顧展」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61280023

この記事へのトラックバック一覧です: パリで「クリムトの時代 ウィーン分離派」展:

« パリの邸宅美術館でクリスチャン・ラクロワのモード展 | トップページ | パリで「ジェフ・クーンズ回顧展」 »