« AW15/16「テンボ」“ドリーム”テーマにピープルデザイン | トップページ | AW15/16「東京ニューエイジ」展 »

2015年3月29日 (日)

「絶・絶命展~ファッションとの遭遇」

Zethumei_04  今、渋谷のパルコミュージアムで、30日まで(明日終了)「絶・絶命展~ファッションとの遭遇」が開催されています。

 プロデュースしているのは、昨秋、毎日ファッション大賞特別賞を受賞するなど、高く評価されているファッションデザイナー、「リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)」の山縣良和さんと、「ミキオサカベ(mikio sakabe)」の坂部三樹郎さんです。なお本展は、2013年に行われた「絶命展~ファッションの秘境」(このブログでは、2013.10.92013.12.7に掲載)の続編となっています。

 入場して、まず目にするのが、故・手塚治虫の作品「火の鳥」です。これはファッションの「生」と「死」を表現する本展のインスピレーションソースになっている、といいます。

Imgp00321  出展しているのは、「東京ニューエイジ」合同ショーなどに、デビューして間もない若いデザイナーやアーティストたちです。その20あまりのブランドが、会期前半の「生」と、後半の「死」とに分かれて、作品展示を行っています。私が行った日は、「生」の週間で、「絶命展」のときと同様、生身の少女モデルがなまめかしいポーズをとったり、また突然行進してきたり----していました。
Imgp00231
 現代ファッションの若いエネルギーを体感する展覧会で、興味深いものがありました。

|

« AW15/16「テンボ」“ドリーム”テーマにピープルデザイン | トップページ | AW15/16「東京ニューエイジ」展 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61345893

この記事へのトラックバック一覧です: 「絶・絶命展~ファッションとの遭遇」:

« AW15/16「テンボ」“ドリーム”テーマにピープルデザイン | トップページ | AW15/16「東京ニューエイジ」展 »