« AW15/16「東京ニューエイジ」展 | トップページ | AW15/16インプロセス バイ ホールオーハラ“装飾”テーマ »

2015年3月31日 (火)

AW15/16「ヤストシ エズミ」 “レス・イズ・モア”を テーマに

 ファッションデザイナーの江角泰俊さんが手掛ける「YASUTOSHI EZUMI(ヤストシ エズミ)」が、MBFWTで、今秋冬コレクションを発表しました。

Imgp00521  今季は、20世紀モダニズム建築を代表するドイツの建築家ミース・ファン・デル・ローエの作品に着想したといいます。テーマは、彼が提唱した“レス・イズ・モア” 「少なくすることはより豊かにすること」です。

 ランウェイには、シンプルで構築的なスタイルが並びました。シャープな直線を多用した幾何学的フォルムが多く見られます。アシンメトリーな構成で変化のあるカッティングも特徴です。そこに動きのあるプリーツやフレアー、スリットといったディテールが採り入れられ、女性らしさを漂わせています。
Imgp00641  
 最近よく「デザインされたモダン」がトレンドといわれますが、こういうことかも、と思うコレクションでした。

|

« AW15/16「東京ニューエイジ」展 | トップページ | AW15/16インプロセス バイ ホールオーハラ“装飾”テーマ »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61334298

この記事へのトラックバック一覧です: AW15/16「ヤストシ エズミ」 “レス・イズ・モア”を テーマに:

« AW15/16「東京ニューエイジ」展 | トップページ | AW15/16インプロセス バイ ホールオーハラ“装飾”テーマ »