« AW15/16「タケオキクチ」30周年記念の“ルードボーイ” | トップページ | 2016年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより »

2015年3月23日 (月)

AW15/16「ウジョー」ユーティリティ性ベースのレイヤード

 ファッションデザイナーの西崎 暢さんが手掛ける「Ujoh(ウジョー)」が、MBFWTで、 2015/16秋冬コレクションを発表しました。

Imgp00081  今シーズンは、ワークやミリタリーなどユーティリティ性をベースにした、レイヤードスタイルが光っていました。インにもアウトにも着用できる多機能なフォルムや、重なり合うアシンメトリーなデザインも多く、またボリューム感のあるドロップショルダー、段違いのヘムラインも特徴です。スウェットのようなスポーティなウェアも、緻密に計算されたカッティンクで、スタイリッシュに仕上げられています。
 そのクオリティの高さ、洗練されたエレガントでモダンな表現に、すっかり魅せられました。
Imgp00161 Imgp00251  











 素材も、ピンソニック加工という、超音波を当てて立体感のある柄を出したキルティングや、植物柄に植物の影を重ねてプリントしたコットンサテン、花柄レースなど、興味使いものがたくさん登場しています。
 さらにシューズも、軽い発泡ゴムソールで厚みを持たせたものなど。
 細部にまでこだわる、デザイナーの目が感じられた、すばらしいコレクションでした。

|

« AW15/16「タケオキクチ」30周年記念の“ルードボーイ” | トップページ | 2016年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61324576

この記事へのトラックバック一覧です: AW15/16「ウジョー」ユーティリティ性ベースのレイヤード:

« AW15/16「タケオキクチ」30周年記念の“ルードボーイ” | トップページ | 2016年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより »