« 2016年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | AW15/16「キディル」1950年代ロンドンからのハイブリッド »

2015年3月24日 (火)

AW15/16「エーディグリー ファーレンハイト」蜃気楼を表現

Imgp00451jpg_2  毎回、気温をテーマに、メッセージ性のあるコレクションを展開している「A DEGREE FAHRENHEIT (エー ディグリー ファーレンハイト)」。
 今季MBFWTでは、「8F°差」を打ち出しています。ブランドを手掛ける天津 憂さんは、これについて、地表と空気の温度差が8F°になると、蜃気楼が発生しやすくなるといいます。

 この蜃気楼にインスピレーションを受けて、制作された今シーズン。そのポイントは、ジッパーのディテールです。その開閉の変化で、蜃気楼にみる虚実の境界を、服に表現していました。
Imgp00411  また多くみられたのが、スウェットトップなどのウェアです。斬新なカットでひねりを効かせた、段ボールニットのデザインが心に残ります。

 カラーは白、黒、グレーのモノトーンが中心。

 カジュアルなリラックス感を、モダンなリアルクローズに落とし込んだ、スポーティなスタイルのコレクションでした。

|

« 2016年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | AW15/16「キディル」1950年代ロンドンからのハイブリッド »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61329483

この記事へのトラックバック一覧です: AW15/16「エーディグリー ファーレンハイト」蜃気楼を表現:

« 2016年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | AW15/16「キディル」1950年代ロンドンからのハイブリッド »