« 第20回ミラノウニカ 華やかな10周年記念パーティ | トップページ | 「ファッション・ミックス展」パリモードを先導した外国人 »

2015年2月 7日 (土)

ロンドンで「女性のファッションパワー」展

 霧のロンドンに来ています。テームズ川沿いのデザインミュージアムに入ってみましたら、「女性のファッションパワーWOMEN FASHION POWER」という展覧会が催されていました。

 チケットカウンターで、日本語で話しかけられて、びっくり。ここには日本人のスタッフもいらっしゃるのです。何となく心強い気持ちになりました。

Cimg11521  入り口の「イヴ」の等身大のパネルを抜けると、英国のファッションをリードしてきた女性たちの肖像写真がずらりと掲げられています。エリザベス一世、ヴィクトリア女王、現エリザベス女王を始めとする王室の女性から、女優、またビジネスCEOなど、様々な分野のセレブリティたちです。

 これは、ファッションが、いかに女性の権力や権威を強化する手段として使われてきたか、その歴史を展覧する大変興味深い企画展でした。
 19世紀コルセットの時代から、20世紀に体を解放されていく女性のファッション史が、10年単位で現代まで、その時代の先導者となった女性と実物衣装を通して語られます。
1_3  ちょっとおもしろかったのが、ディオールのニュールックを着装する下着姿の女性のビデオです。コルセットでウエストを締め上げ、ペティコートの腰にパッドを付けて、肩にも肩パッドをのせて、スタイルを完成させていたことがわかりました。

 80年代では、サッチャー首相が着用したスーツが展示されていました。胸元のスカーフはトロンプロイユのデザインだったのですね。

 ヴィヴィアンウエストウッドといった英国デザイナーの贅沢な衣装も豊富に見られます。しかし最後を締めくくっていたのは、やはりカジュアルなエコファッションでした。これからはエコロジーの意識が問われる時代であることを改めて思います。

 ファッション史ば、その時代を生きる女性のライフスタイルの反映でもあります。この意味でも見ごたえのある展覧で会した。
 4月26日までの開催です。ロンドンに行かれる方には、一見の価値あり、ではと思われます。

|

« 第20回ミラノウニカ 華やかな10周年記念パーティ | トップページ | 「ファッション・ミックス展」パリモードを先導した外国人 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/61109878

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンで「女性のファッションパワー」展:

« 第20回ミラノウニカ 華やかな10周年記念パーティ | トップページ | 「ファッション・ミックス展」パリモードを先導した外国人 »