« JFW-IFF 「大日本市」でニットのポンチョが楽しい! | トップページ | 第20回ミラノウニカ 盛大に開幕式 »

2015年2月 3日 (火)

ミラノウニカ2月展 日本企業の存在感増して

 いよいよ明日からイタリアのテキスタイル見本市「ミラノウニカ」が始まります。

Catalogo_online_2  今回も日本パビリオン「ジャパン・オブザーバトリー」(519平方メートル)が開設され、日本からは、34社が出展するとのことです。初めてだった前回は29社でしたから、5社増えました。中でも米沢織物工業組合とか、斎栄織物など、日本を代表するシルク地メーカーが出てきます。
 トレンドコーナーも、日本の格調高い「侘び寂び」文化と、現代日本の多様なポップカルチャーを表現する「東京ポップ・クルーズ」の二つのテーマで構成されるとのこと。ここには各社の一押し素材が展示されます。

 これでまたしても日本企業のヨーロッパでの存在感が増すことでしょう。
 私もこれからミラノに飛んで、この模様を逐次ご報告していきます。どのような展開になるのか、楽しみにしています。

|

« JFW-IFF 「大日本市」でニットのポンチョが楽しい! | トップページ | 第20回ミラノウニカ 盛大に開幕式 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラノウニカ2月展 日本企業の存在感増して:

« JFW-IFF 「大日本市」でニットのポンチョが楽しい! | トップページ | 第20回ミラノウニカ 盛大に開幕式 »