« スキー場に外国人客が多くなった! | トップページ | 映画「ビル・カニンガム&ニューヨーク」を見て »

2015年1月 4日 (日)

静かに佇む小動神社に初詣

 私が住んでいる鎌倉市,、その西端、海に突き出た小動岬にある小動(こゆるぎ)神社に初詣しました。ここは隣が腰越漁港で、漁師さんの新年の行事「船祝い」も終わって、ひっそりとしていました。

Imgp45681  初詣というと、毎年鶴岡八幡宮へ行くのですが、今年は静かな佇まいのこの神社を訪ねました。

 大鳥居をくぐって石段を上がると、右手が本殿です。一対の狛犬がいて、普段は見ない赤い布を頭にかぶっているのが、お正月らしかったです。

 その左には稲荷社と金刀比羅宮(左下)、そして石塔が並び、本殿の反対側には第六天社(右下)が祀られています。
Cimg989311jpg Imgp45691_2_2  
20150104154920imgp93781  展望台からは、夕日に照らされた江ノ島、その手前に、昨年防波堤が新設された腰越漁港が広がり、その向こうにうっすらと富士山も見えます。
 この地は神奈川景勝50選の一つで、この絶景をカメラに収めようと、登って来る人が多いのです。
 今は昔、弘法大師もこの岬の頂きに立たれたといいます。風もないのに揺れる松の枝の傍らに神女の影を見て、この松を「小動の松」と名付けたそうで、この言い伝えから”こゆるぎ”の地名が発したとか。
 弘法大師伝説が、こんな身近なところにもあったとは---。

1  それにこの神社は、明治初期までは真向いの浄泉寺(左)に属していて、八王子宮と呼ばれていたのが、神仏分離令により小動神社となったことなど、様々ないわく因縁に満ちていることを知りました。

 悲喜こもごもの歴史秘話は尽きません。

Imgp45751  八重咲の日本水仙が満開で、花の白が何とも清らかに映ったことでした。

|

« スキー場に外国人客が多くなった! | トップページ | 映画「ビル・カニンガム&ニューヨーク」を見て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/60925750

この記事へのトラックバック一覧です: 静かに佇む小動神社に初詣:

« スキー場に外国人客が多くなった! | トップページ | 映画「ビル・カニンガム&ニューヨーク」を見て »