« 「羊と手」展 羊にまつわる人と生き方  | トップページ | パスキン展  生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 »

2015年1月21日 (水)

フランスモード展示商談会 心地よいエレガンスあふれて

 フランスモードの展示商談会、フランス婦人プレタポルテ連盟主催の第38回「モード・イン・フランス」展と、ファッションアクセサリーやプレタポルテを紹介する「コレクション・フランセーズ」展が、14〜16日、会場をこれまでの新宿から恵比寿のウェスティンホテル東京へ移して開催されました。この移転による新規巻き直し効果もあったのでしょう。円安にもかかわらず来場者が増え、なかなかの盛況ぶりでした。

 「モード・イン・フランス」には約60のブランド、「コレクション・フランセーズ」には、32ブランドが出展し、各社得意のスタイルを柱に、今秋冬のファッションを発表しています。
Cimg99721
 フランスらしい、大人のムードにあふれた心地よいエレガンスを主流に、トレンドの70年代風エッセンスを効かせたルックスが目を惹きます。優しくて女性らしい、リラックスしたニットウェアも多くなっています。

Cimg99691  出展歴5年で日本にお馴染みの「ナタリー・シェーズNATHALIE CHAIZE)」は、英国貴族の上品なイメージで、「メイド・イン・センスMade in Sens」はアーティスティックなヴィジュアル性の高いクリエーション、「オリヴィエ・フィリップスOlivier Philips」はカラフルでポエティックなコレクション-----など、シンプルな中に気分を高揚させてくれるような楽しいモードを見せています。

1  このブログの昨年10月25日付けユニバーサルファッションフェスタの記事で掲載した「アナイド・サン・タンドレAnahide Saint Andre」も初出展していました。今シーズンは日本のオリガミをヒントにしたシェイプの美しいシルエットが中心です。左写真はパンフレットから。
 デザイナーのヴィルジニーさんにはお目にかかれませんでしたが、ますます波に乗っている様子です。

|

« 「羊と手」展 羊にまつわる人と生き方  | トップページ | パスキン展  生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランスモード展示商談会 心地よいエレガンスあふれて:

« 「羊と手」展 羊にまつわる人と生き方  | トップページ | パスキン展  生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 »